集英社文庫<br> ガダラの豚〈2〉

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

集英社文庫
ガダラの豚〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月25日 01時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 351p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087484816
  • Cコード C0193

内容説明

大生部一家はテレビ局の特番取材で再びアフリカへ旅立つ。研究助手の道満、スプーン曲げ青年の清川、大生部の長男納、テレビのスタッフ6名。一行はケニアとウガンダの国境沿いを北上してスワヒリ語で「13」という意味の不吉な村、クミナタトゥに着いた。村民に怖れられる大呪術師バキリの面会に成功した一行は最大の禁忌を犯す。バキリのキジーツの少女を攫ったのだ。危機一髪。ケニアを後にする。日本推理作家協会賞受賞作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nuit

191
2巻の舞台はアフリカ!中盤まではポレポレなアフリカをしばし旅の目的を忘れてゆるりと…しかし、ブンゴマから目的のクミナタトゥに入るあたりからは前半のポレポレ気分もどこへやら、バキリの登場からはもう巻末まで一気読みです。この呪術合戦、実際にありそうだから怖い!(現地では実際にあるんだろうなぁ)とにかく、最終巻を早く読まねば!2017/10/04

ehirano1

153
心玉導師の新興宗教とバキリの呪術の運営の構図は同じですし、やっていることもほぼ同じです。心玉導師の信者はバキリのキジーツに該当するのでしょう。また、イエズス会も同様であると著者は暗に示唆しているようにも見受けられました。さて、I巻では心玉導師vs.主人公達、II巻ではバキリvs.主人公達でした。どちらも完全決着は付いていません。最終巻でどうなるか。目が離せなくなってきました。2017/07/09

藤月はな(灯れ松明の火)

82
日本での揉め事を解決した一行はアフリカへ。スワヒリ語、アフリカ料理や世間で捉えられているアフリカ像と現実のアフリカとのギャップ、妬みと諍いが起こる部族間においての呪術の働きは文化人類学を学んでいた身としては懐かしく、思うばかり。しかし、バキリによる人間の認識がどれほど、危ういのかはSNSの発達やフェイクニュースなどが身近になってしまった今では、的を得すぎていてゾッとするものもあります。それにしても装丁デザインが大好きな北見隆氏なんですね。気づいた時は小躍りしそうになりましたよ^^2017/08/16

おいしゃん

77
ケニアに旅立ち、壮絶な目に遭いながら、呪術者たちを訪ね、ケニアから命からがら逃げ出す第二編。アフリカに入った途端急に頼もしくなった、教授たちの一行の変化が面白い。さて日本ではどんな活躍を見せるのか。三編に期待。2016/12/30

蛇の婿

68
いよいよ物語はアフリカへ。楽しく読了。本の感想とはちょっと違いますがケニアのウイスキー『Bond 7』いろいろ調べたのですが日本では入手が難しいようです…残念w 作中、登場する呪術師のみなさんがわりと気さくな方たちばかりでちょっと笑ってしまいました。『病と癒しの文化史』という本を先に読んでいたのと、読了前にエボラウイルスのパンデミック騒ぎがあったのとで、呪術による治療に関する記述はなかなか興味深かったですね。神父の日記のラスト、ムワンギの過去を聞いていなかったことを後悔等、記述の端々にちょっと違和感w2015/09/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563868

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。