電撃文庫<br> バッカーノ!1931‐Winter―the time of the oasis

個数:
電子版価格
¥627
  • 電書あり

電撃文庫
バッカーノ!1931‐Winter―the time of the oasis

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048914314
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

最悪の事件を巻き込みNYへと走り続けるフライング・プッシーフット号。その裏で、もう一つの知られざる馬鹿騒ぎが起きていた―。明け方、列車が鉄橋を渡る時を狙い、川近くの森の中で様々な思惑を抱えた列車を待つ面々が潜んでいた。車内からの連絡を待つ『幽霊』やジャグジーたちの荷物を拾おうとする仲間達、新たに列車強盗を目論む女盗賊団や初めての家出を決行した少年…。彼らは一見無関係のようでいて、森と列車に誘われていくように、一つの大騒乱へと結びついていく。そして、列車が鉄橋を渡る時―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

34
裏社会の住人達による物騒でド派手なバカ騒ぎ劇の番外編。フライングプッシーフット号で起きた事件の横側で起きたバカ騒ぎを描いた話。ここに出る面子が1935に再登場するって、これは期待感上げさせますね。今回の内容自体は本編のような破壊力はありませんが、登場人物はどいつも個性的で愉快なので読んでて楽しかったです。やっぱり掛け合いが面白いなぁ。今回出た人物達が1935でどんな活躍を見せてくれるのか今から楽しみになるわ。クレアとクマの友情劇が見てみたいですね。この勢いのまま1935Cに行ってみたいと思います。2016/07/11

星野流人

26
1931年のフライング・プッシーフット号事件の裏で、運命のポイントともいえる鉄橋で起こっていたもう1つの馬鹿騒ぎの物語。1931年周りはどうしてこうも群を抜いておもしろいのか。最初はそれぞれバラバラに物語が始まった、ルノラータ・ファミリーの家出少年、女3人組の強盗団、ジャグジーたちの別働隊、『幽霊(レムレース)』の仲間たち……。しかし話が進み、偶然と、それぞれの勘違いとすれ違いから、あれよあれよという間に大掛かりな馬鹿騒ぎに大変身。2020/03/16

割れたオカリナ

13
やっぱり番外もバッカーノたちのバカ騒ぎが面白いね しかしクレアは分かるけど、サーカスの団長がかなりやばい人らしいなちょっと見て見たい しかしこの話だけを見ればまだいい話しに見えなくもないのにどうしてあんなことに… あと最終的にカルツェリオがグリズリーを飼うとかそれはそれですごいだろ ここに出てきた人たちがどんな風の出てきてどんな風に動くか楽しみです さて1935-Cが楽しみだ2013/10/21

END

13
ジャグジー一味のホントの意味でのばか騒ぎ。眼鏡をかけてる癖に頭の悪いラナが絡むとバカなノリに磨きがかかる。会話はもう完全に集団コントのノリです。クッキーの無邪気さがとっても可愛い。今後登場する話も是非書いて欲しいな。主要人物が誰も居ないのにこれだけの安定感があるのはさすがだった。そういえば、不死者が誰も出てこなかったな……。2013/10/18

なめねこ

11
今巻は、アニメDVD特典を文庫化したらしく、DVDを買ってない私にとっては大変嬉しい一冊です。フライング・プッシーフット号の事件の裏側で事件起こりすぎwしかも、更にいろんな所への繋がりが見えてきてワクワクする。ジャグジー一味の無秩序な会話が心地よかった。ヒャッハー。今巻でメロディ、ソーニャ、ガブリエルとジュリアーノが大好きになった!!1935‐Cで今巻登場したキャラが重要人物として出てくるそうなので私が好きになったキャラ出てきてくれたらいいな~。あと、クレアが居たサーカス団の話とか読みたいな~!!2013/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6508594
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。