集英社文庫<br> 救命センターからの手紙―ドクター・ファイルから

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

集英社文庫
救命センターからの手紙―ドクター・ファイルから

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年12月05日 01時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 265p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087473049
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

突発的な事故や病気で命の危険にさらされた人間を救うべく登場した救命救急センター。だが、収容された患者の死亡率が、3割を超えるという厳しい現実がある。医療の最前線であるために、人生の表も裏もきれいごとも本音も、鮮やかに浮かび上がらせる病院。24時間態勢の救急医療の現場で医者と患者が織りなす生と死のドラマ。「こちら救命センター」に続く待望の第二弾!日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

目次

救命センターからの手紙
エンゼルセット
告知
植物人間
葛藤
大往生
当直明け
身元不明
自己決定
善意

著者等紹介

浜辺祐一[ハマベユウイチ]
1957年兵庫県生。81年東京大学医学部卒。東大病院救急部を経て国立水戸病院外科に勤務。85年救命救急センター開設と同時に、都立墨東病院へ。現在、救命救急センター医長。専門は救急、外傷外科
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kurara

29
★★★☆☆ 新聞に載っていたので借りてみました。現役ドクターが書かれてるだけにリアルなお話でした。三途の川を渡ってしまった人を連れ戻すのが救命救急なのだそうです。現実を知ることができ少し自分の身に起きた時の心がまえとなりました。《11》2016/02/07

大竹 粋

5
救命センターに心肺停止から拾われた命が実際の現場側からどのように見えているのか、リアルな話を知りたく、手にとりました。 1500人心肺停止で運ばれて来たうち復帰できたのは6人のみだったそうです。やはり蘇生までの時間がその命運をわけるのだと。あまりの確率の少なさに、いま快復に向かっているこの心臓がなにかの拍子にふと止まってしまうのではないか、そんな恐怖が頭をよぎりました。 生なましく、担ぎ込まれてから応急措置ー診断ー治療の流れが手に取るようにわかることができました。 2015/01/02

捲土重来。

4
救急医療に携わる医師の本音が伺える作品。 日々医術が進歩が進歩していく中、患者やその家族に対して、救急ドクターがどのように向き合っていくのか・・・。 医学的技術は当たり前で、その上に、人生経験・人間性・哲学といったものについて、理想だけでは通用しない・語れないレベルの見識を求められていることが分かる。続作も読もうと思います。2016/06/15

なかけー

4
「こちら救命センター」に比べるとやや真面目になった感のある本著。長年色んな家族(遺族)を見てきた感想が「家族なんて良いものとは限らない」って悲しいなぁ・・・。人の負の面が嫌でも見えてしまうのが救命センターという場所か。2010/08/20

fukky

3
テレビドラマなどで脚色されるほどかっこいい職場じゃないんですね、うすうす感じていたのですが・・・。植物人間を「作りだして」しまう「救命医療」の功罪について考えさせられる一冊でした。そんな重いテーマを軽い日常の医師の会話を混ぜ合わせることで薄めていましたが、問われているのはとても、とっても重い命題ですね・・・。2012/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/518718

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。