集英社文庫<br> 水滸伝〈9〉嵐翠の章

個数:
電子版価格 ¥471
  • 電書あり

集英社文庫
水滸伝〈9〉嵐翠の章

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月03日 02時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 390p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087461640
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

死んだはずの妻、張藍が生きている。その報を受けた林冲は、勝利を目前にしながら戦を放棄し、ひとり救出へと向かう。一方、呉用は攻守の要として、梁山泊の南西に「流花寨」を建設すると決断した。しかし、新寨に楊〓(せん)率いる三万の禁軍が迫る。周囲の反対を押し切って、晁蓋自らが迎撃に向かうが、禁軍の進攻には青蓮寺の巧みな戦略がこめられていた。北方水滸、激震の第九巻。

著者等紹介

北方謙三[キタカタケンゾウ]
1947年唐津生まれ。中央大学法学部卒。81年『弔鐘はるかなり』でデビュー。83年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞を、85年『渇きの街』で日本推理作家協会賞長編部門を、91年『破軍の星』で柴田錬三郎賞を受賞する。また、2004年『楊家将』で吉川英治文学賞、06年『水滸伝』(全19巻)で司馬遼太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

269
急先鋒索超登場。今まで読み進めてきて、戦の強い英傑よりも、職人気質な裏方や、力はないけれども心意気のある漢が、私の好みに合っているのかと感じていたが、索超は何故か一発で好きになった。ただ、これまでの流れからいって、最初と死ぬ時だけクローズアップされ、それ以外は他に埋もれてしまう可能性が高いような…。とりあえず再登場が待ち遠しい。他にも、秦明の結婚や、楊令が子午山に、扈三娘が梁山泊にそれぞれ入山、そして異常な執念にまみれた鄧飛の最期等、興味深い逸話が満載で、大きな戦はないものの、読みごたえは抜群。2021/12/01

しんごろ

183
新たに豪傑達の梁山泊の入山が多かったですね。本陣の戦いは大人しかったですが、致死軍、飛龍軍が活躍!鄧飛がかっこいい(^^)解珍がすっとぼけた感じがいいね~。今回は梁山泊の整備をメインにした人間関係、人間模様といった感じの話が多かった気がします。そして意外にも愛もテーマかな(^^;)2017/07/23

納間田 圭

136
罠、罠、罠の連なる章…9/19。両手の生爪が削ぎ剥がれるような感覚。暗闇で臭い糞尿にまみれる様。梁山泊側の打つ手は…湖の南西に”流花寨”の新設。宋の官軍の打つ手は…梁山泊の心臓たる”闇塩の道”の断絶。そんな中に散りばめられた女性たちの姿に…男達の笑えるほどの純粋加減。梁山泊側に来た美しく可憐な「扈三娘」は…僕の一等お気に入り。死んだはずの林冲の妻「張藍」は…死しても尚〇〇。ついに秦明の真っ直ぐな想いは…「公淑」に通じた。そして…”楊令”少年が子午山の王進の元に…送られた。さぁ−修行の時が始まる‼︎2021/11/14

ehirano1

133
本巻のメインイベントは、青連寺の罠にまんまとハマった挙句、行方不明になるわ、救出部隊を危機に晒すわ、己も重傷を負い三途の川を渡りかけるわ、挙句、治療に当たった安道全を心配させて泣かしてしまうわで当然軍法会議に掛けられて死刑判決を受けるも、鶴の一声により「一年間牧場で馬クソ掃除」という驚愕の判決。果たして、戦士としての林冲の心中はおそらく「頼むから死なせてくれ」ではなかったかとwww。2019/12/21

s-kozy

91
うーん、紛うことなき豪傑の林冲も人間なんだなぁ。強さだけではない人間らしい弱さも併せ持つ。本巻では梁山泊の名医(または医療バカ)・安道全の手術の場面がよかった。大変な迫力で手に汗を握った。戦の小説ではあるものの兵士や将軍だけでなく、それを支える人達もきっちりと描かれているのがこの小説の魅力の一つだと改めて感じた。だからこそ、「それぞれが、自分の場所で戦っているというだけのことよ」(王英)(208頁)というセリフが大きな説得力を持つ。2017/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/549956

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。