集英社文庫<br> 夜中の電話―父・井上ひさし最後の言葉

個数:

集英社文庫
夜中の電話―父・井上ひさし最後の言葉

  • ウェブストアに266冊在庫がございます。(2021年10月24日 21時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 208p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087443028
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0195

出版社内容情報

マヤ支配人様

ほんとうに
おつかれさまです。
わたしの心配は
マヤくんの
健康だけです。
10分後に
TEL、します。



本書の帯裏につけたこの手紙は、作家井上ひさし氏から、三女の井上麻矢さんに送られたFAXである。
送られた日付は、2009年9月14日21時17分。ひさし氏が病を得てから2010年4月9日に亡くなる、その約半年前の筆跡である。

麻矢さんは、このFAXの手紙のことは忘れていたそうだが、今回の本のために資料を探すうちに、偶然発見したのだという。まさに、本書のために井上ひさしさんが、ひょっこり姿を見せてくれた! そんな気がして嬉しかったそうだ。

井上ひさし氏はこの頃、娘の麻矢さんと、こまつ座の行く末を案じていたのだろう。
麻矢さんに「夜中の電話」をかけてくるようになったという。

その内容は、生き方から仕事のことまで、実に多岐に渡っていた。
それを麻矢さんは1冊のノートにまとめ残していた。

病が刻々と進行していく中、必死に語られた言葉の数々は、もちろん麻矢さんに向かってのものではあるが、また広く読者の胸に響く言葉でもあると思う。

ひさし氏が病を押しても伝えたかった大切なこと。その中から77の言葉をまとめたのが本書である。

「はじめに」のあとの「父の最期をみとって」の中には、今回初めて明かされる麻矢さんからみた作家、井上ひさし氏の最期の姿も切々と語られる。

この本はそれまで、様々な想いを抱えたひと組の親娘の、心が溶け合うまでの人生の軌跡でもある。

安野光雅氏推薦!
「井上ひさしが、三女・麻矢に残した言葉は、次の世代を生きる誰もが共感する、最後のメッセージである。」

内容説明

2009年、がんで療養中の父から夜中に電話がかかるようになった。愛する娘に向けて、そして自らの劇団「こまつ座」の運営後継者に向けて、井上ひさしが電話越しに伝えようとした77の言葉たち。そこには今の時代を生きるためのヒントと経営のテクニックが込められていた。日本を代表する作家が命を賭して遺した数々の名言を受け、著者が歩んだ12年の道のりを新章に加えた完全版。

目次

第1章 父の最期をみとって
第2章 夜中の電話で、父が遺した言葉77(生きるということ;仕事について)
第3章 父を訪ねてボローニャへ
第4章 父との思い出

著者等紹介

井上麻矢[イノウエマヤ]
1967年東京生まれ。こまつ座代表取締役社長。御茶ノ水の文化学院高等部英語科に入学。在学中に渡仏。帰国後、スポーツニッポン新聞東京本社勤務。次女の出産を機に退職し、さまざまな職を経験する。2009年7月よりこまつ座支配人、同年11月より現職に就任。14年市川市民芸術文化奨励賞受賞。こまつ座は12年に第37回菊田一夫演劇特別賞、第47回紀伊國屋演劇賞団体賞、フランコ・エンリケツ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。