集英社新書<br> 国家と記録―政府はなぜ公文書を隠すのか?

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
国家と記録―政府はなぜ公文書を隠すのか?

  • 瀬畑 源【著】
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 集英社(2019/10発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 16pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月19日 22時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 232p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210965
  • NDC分類 317.6
  • Cコード C0231

出版社内容情報

政府が公文書を恣意的に作成せず、破棄、隠す理由は何か。本書はこの問題を概観し、あるべき公文書管理体制を展望する。

内容説明

公文書は歴史の記述に不可欠であり、後世の政策選択のためにも参照されるべき国民共有の知的資源です。同時に、国民の知る権利や行政の説明責任を担保するものだからこそ公文書管理法は制定されました。ですがこの数年来、その法の精神を裏切るように、皇室会議の議事録未作成、自衛隊日報の隠蔽、統計偽装問題が起き、森友・加計問題等、公文書が意図的に記録されず、隠蔽、改竄される事態が続発しています。情報公開法と公文書管理法があるにも関わらず政府が公文書を恣意的に作成せず、破棄したり、隠したりする理由は何か。本書はこの問題を概観し、あるべき公文書管理体制を展望するものです。

目次

新自由主義時代の情報公開と公文書管理制度
第1部 公文書の危機(森友学園問題の再燃;文書「改竄」と民主主義の危機;政策決定過程の文書を残すことの意義;イラク日報問題に見る公文書管理の歪み;加計問題に見る公文書公開のあり方;愛媛県公文書管理条例の問題点)
第2部 公文書管理をどうすべきか(皇室会議の議事録、昭和天皇「独白録」;宮内庁宮内公文書館;行政文書の管理に関するガイドライン改正;電子メールは行政文書か;政府の公文書管理適正化の取り組みをどう考えるか)
第3部 未来と公文書(行政文書の定義から外れる「歴史的文書」の保存問題;安曇野市文書館の開館;地方公共団体の公文書管理問題を考える;アジア歴史資料センター)
第4部 対談 情報公開と公文書管理の制度をどう機能させるか(三木由希子×瀬畑源)

著者等紹介

瀬畑源[セバタハジメ]
1976年東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。長野県短期大学を経て、立教大学兼任講師、成城大学非常勤講師。日本近現代史(天皇制論)・公文書管理制度研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。