集英社新書<br> 物語 ウェールズ抗戦史―ケルトの民とアーサー王伝説

個数:

集英社新書
物語 ウェールズ抗戦史―ケルトの民とアーサー王伝説

  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2017年10月23日 19時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210040
  • NDC分類 233.5
  • Cコード C0222

内容説明

ケルトの民ブリトン人の島だったブリテン島をローマ軍が征服し、属州として支配を開始したのは一世紀中頃。五世紀に入るとローマは撤退、アングロサクソン人が侵入を始める。以来ブリトン人は、後にウェールズと呼ばれる島の西の隅に追いやられ蹂躙されながらも、外敵イングランドに抵抗を続けた。そして一四八五年、ついに“勝利”の日が訪れる。それはあまりにもドラマチックな大逆転劇だった―。本書は、救世主「アーサー王」の再来を信じ、一五〇〇年にわたり強大な敵に抗い続けた、ウェールズの誇りと栄光の物語である。

目次

プロローグ 「よそ者」と呼ばれた人たち
第1章 ブリトン人から、ウェールズ人へ(女王ボウディッカ;アーサー王の原形 ほか)
第2章 ノルマン人西へ、ウェールズへ(ノルマン人の侵攻と大サウェリン;ウェールズの大司教へ。ジェラルドの闘い ほか)
第3章 独立を懸けた最後の戦い(オワイン・グリンドール、蜂起する;オワインと組んだイングランド陣営 ほか)
第4章 赤竜の旗のもとに(赤竜の血を受け継いだ男;逃げるヘンリー、ブルターニュへ ほか)
エピローグ ウェールズよ、UKよ、何処へ

著者紹介

桜井俊彰[サクライトシアキ]
1952年、東京都生まれ。歴史家、エッセイスト。1975年、國學院大學文学部史学科卒業。1997年、ロンドン大学ユニバシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)史学科大学院中世学専攻修士課程(M.A.in Medieval Studies)修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

イングランドの侵攻でブリトン島の西の隅に追いやられたウェールズ人。だが「アーサー王」の再来を信じ、抵抗を続けたケルトの民にやがて僥倖が訪れる。1500年にわたるウェールズの苦難と栄光の物語。