集英社新書<br> すべての疲労は脳が原因〈3〉仕事編

個数:
電子版価格 ¥723
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
すべての疲労は脳が原因〈3〉仕事編

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2017年12月13日 16時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208986
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0247

内容説明

過労や長時間労働が問題となっている今、苦痛を伴わずに、脳を休息させながら仕事のパフォーマンスを上げる方法が求められている。疲労を防ぐ、脳の「トップダウン処理」、「メタ認知」という情報処理能力、「ワーキングメモリ」を生かして仕事の効率を上げる方法、人間関係のストレスへの具体的な対処法など、“疲れずに仕事をする方法”を丁寧に解説する。疲労のメカニズムを科学的に解説した第一弾、食事・睡眠・生活環境での疲労予防や改善法を具体的に示した第二弾につづく、『すべての疲労は脳が原因』シリーズの第三弾。

目次

第1章 疲れない脳を作る
第2章 疲れない脳を作る鍵は「記憶」にあり
第3章 疲れを溜めない働き方を身につける
第4章 ビジネスシーンで脳疲労を予防する方法
第5章 職場で疲れない人間関係を築く
第6章 脳疲労とストレス・不調の深い関係

著者紹介

梶本修身[カジモトオサミ]
医学博士。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。1962年生まれ。大阪大学大学院医学研究科修了。2003年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。また、大阪大学医学部発のバイオベンチャー企業を上場した経験から、大阪大学大学院経済学研究科で、「ベンチャービジネス創成」論を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

すべての疲労は脳が原因3<仕事編>


過労や長時間労働が問題となっている今、苦痛を伴わずに、脳を休息させながら仕事のパフォーマンスを上げる方法が求められている。


疲労を防ぐ、脳の「トップダウン処理」、「メタ認知」という情報処理能力、「ワーキングメモリ」を生かして仕事の効率を上げる方法、人間関係のストレスへの具体的な対処法など、“疲れずに仕事をする方法”を丁寧に解説。


疲労のメカニズムを科学的に解説した第一弾、食事・睡眠・生活環境での疲労予防や解消法を具体的に示した第二弾につづく、『すべての疲労は脳が原因』シリーズの第三弾。


■目次

はじめに 脱脳疲労で仕事を効率化する

第一章 疲れない脳を作る

第二章 疲れない脳を作る鍵は「記憶」にあり

第三章 疲れを溜めない働き方を身につける

第四章 ビジネスシーンで脳疲労を予防する方法

第五章 職場で疲れない人間関係を築く

第六章 脳疲労とストレス・不調の深い関係

おわりに


■主な内容

・加齢で疲れが増すのは自律神経のパワーが落ちるから

・脳疲労を防ぐ鍵は情報の「トップダウン処理」

・シミュレーション能力を鍛えて効率的に情報処理をする

・不要な情報はあらかじめ「断捨離」する

・五感を多重的に活用すると記憶が定着しやすい

・「ワーキングメモリ」が情報を「断捨離」して仕事を効率化する

・睡眠不足だと記憶は定着しにくくなるのは本当

・重要度が低いタスクは翌日にまわす

・60%の力で70%の結果を出すと仕事の効率は高まる

・仕事上のタスクを点数化する

・「手を抜くのが当たり前」の発想を持つ

・目を閉じるだけで脳疲労は軽減できる

・昼休みにちょうどいい「パワーナップ」の効用

・眼精疲労の原因は自律神経の失調

・新幹線や飛行機での移動疲れを避ける方法

・ストレスの原因を3つに分類して紙に書き出す

・上司の感情的な怒りは部下に伝わらない