集英社新書ヴィジュアル版<br> ライオンはとてつもなく不味い

個数:
電子版価格 ¥1,287
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書ヴィジュアル版
ライオンはとてつもなく不味い

  • 山形 豪【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 集英社(2016/08発売)
  • ブラックフライデー ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 26pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月28日 16時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208474
  • NDC分類 294
  • Cコード C0272

内容説明

あらゆる関係が「弱肉強食」で決まるアフリカの原野。弱ったものは瞬く間に被食の対象となる彼の地で、ライオンなどの大型肉食獣は衰えと共に最期を迎えることも多いという…。その理由は「とてつもなく不味い」から。赤茶色の乾いた大地、縦横無尽に駆ける野生動物、そしてそこに身を投じる人間…。そこでは、生きることのすべてがサバイバルだ。大自然を貫く「生」の本質とは?ひとつひとつの瞬間を、幼少期より人生の多くをアフリカで過ごした異色の経歴を持つ写真家が、貴重な写真と文章で綴る。

目次

1 アフリカについて(アフリカ大陸の大きさ;フィールドに辿り着くまで ほか)
2 動物たちは日々、生き残りを懸けている(カラハリ砂漠でチーターの狩りを撮る;ジャッカルを捕らえたチーター ほか)
3 フィールドでのサバイバル術(野生動物の恐怖;「邦人男性、アフリカでカバに襲われ死亡」 ほか)
4 アフリカに命の輝きを求めて(少年時代 西アフリカでの原体験;ワガドゥグの我が家 ほか)
5 南部アフリカに見る人間と自然との関係(アフリカの自然保護と植民地支配の残影;ヒンバ族との出会い 自然の中の人々VS開発・発展 ほか)

著者等紹介

山形豪[ヤマガタゴウ]
1974年、群馬県生まれ。少年時代を中米グアテマラ、西アフリカのブルキナファソ、トーゴで過ごす。国際基督教大学高校を卒業後、東アフリカのタンザニアに渡り自然写真を撮り始める。イギリス、イーストアングリア大学開発学部卒業。帰国後、フリーの写真家となる。以来、南部アフリカやインドで野生動物、風景、人物などを追い続けながら、サファリツアーの撮影ガイドとしても活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

弱肉強食の頂点に立つライオンは「とてつもなくマズい」。大自然を貫く掟や、生きることの本質とは? 幼少期より人生の多くをアフリカで過ごした写真家が、動物たちが織り成す究極の生き様に迫る。




山形 豪[ヤマガタゴウ]