集英社新書<br> 素晴らしき哉、フランク・キャプラ

個数:

集英社新書
素晴らしき哉、フランク・キャプラ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月17日 17時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 249p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087206111
  • NDC分類 778.253
  • Cコード C0274

内容説明

一九二九年の大恐慌でどん底にあったアメリカ。失業者があふれ、沈滞した社会を映画で励ましたのがフランク・キャプラである。『或る夜の出来事』『スミス都へ行く』そして国民的映画『素晴らしき哉、人生!』などの名作を監督、三度のアカデミー賞監督賞の栄冠を手にし、イタリア移民としてアメリカンドリームを実現する。そして一九五〇年代に吹き荒れた赤狩りでアメリカに裏切られた男の人生。本書は、今なおスピルバーグ、スコセッシをはじめ映画人から敬愛され、色褪せることのないキャプラ映画の魅力に迫る、本邦初の本格評伝である。イントロダクションに山田洋次監督の特別談話「映画の嘘」を収録。

目次

映画の嘘(山田洋次(映画監督))
序 アメリカがこよなく愛する映画―なぜいまキャプラなのか?
第1章 キャプライズム宣言―『狂乱のアメリカ』
第2章 善意の哲学―『一日だけの淑女』
第3章 いまなお新しいキャプラ―『或る夜の出来事』
第4章 アメリカと社会運動―『スミス都へ行く』
第5章 至高のアメリカ映画―『素晴らしき哉、人生!』
第6章 赤狩り―『波も涙も暖かい』

著者等紹介

井上篤夫[イノウエアツオ]
1947年岐阜県生まれ。作家。ハリウッド映画に通暁する。早稲田大学文学部中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大恐慌のアメリカを映画で励ました男
1929年、大恐慌のアメリカを映画で励ましたフランク・キャプラ本邦初の評伝。アカデミー賞監督賞の栄冠を三度手にし、1950年代の赤狩りに巻き込まれた男の人生。山田洋次監督特別談話収録。