集英社新書<br> 行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

集英社新書
行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月28日 14時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087203073
  • NDC分類 140.18
  • Cコード C0211

内容説明

失敗行動や犯罪の原因は、“心”に求められることが多い。「あいつはやる気がない」「過去のトラウマだ」等々。しかし、これでは評価にこそなりえても、問題解決にはつながらない。行動分析学は、ヒト及び動物の行動を「行動随伴性」という独自の概念によって明らかにするもので、行動の原因を個体内部、つまり心ではなく、個体を取り巻く外的環境に求めていく。アメリカの心理学者スキナーが創始した学問体系である。介護や医療、ビジネス、スポーツ、家庭などさまざまな現場で応用されており、大きな成果をあげてきた。本書は、日本における第一人者による、わが国初の一般用入門書である。

目次

第1章 心理学をめぐる誤解(心とこころ;心理学にはいろいろある ほか)
第2章 行動の原理(好子出現の強化;嫌子消失の強化 ほか)
第3章 行動をどのように変えるか(新年の誓いはなぜ破られるか?;知識こそが行動の源なのか? ほか)
第4章 スキナーの思想と実験的行動分析(スキナーの哲学;はじめはネズミ、そしてハトへ ほか)
第5章 言語行動(人間の特徴は、言葉の使用である;スキナーの『言語行動』 ほか)

著者等紹介

杉山尚子[スギヤマナオコ]
東京都生まれ。1988年、慶應義塾大学大学院心理学専攻博士課程修了。山脇学園短期大学助教授。2000年より日本行動分析学会常任理事、04年より日本行動科学学会事務局長。行動分析学の日本での研究、普及に全力を傾けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

124
心理学の一分野なのでしょうか?行動分析ということで比較的意思決定に関係ありそうだと思い、読んでみました。このような分析方法は精神病理学的にはかなり効果を発揮しそうな感じがします。ただこれが決定的な要因というわけではないような感じもします。この本だけだと完全な入門書的な位置づけであってもう少し深く勉強しないといけないのでしょうね。2016/04/03

さおり

71
この本は、すごい。新書という枠組みの中で、とても効率よく、それでいてわかりやすく、行動分析学の基本が解説されている。これ読んだら人生変わるという気さえする本(これをおもしろいと思えた人限定だけど)。ただ、これがどれほどわかりやすい本なのか、私はすでに客観的にみられてないからなぁ。今まで全くこの分野に接したことがない方に読んでもらって感想を聞いてみたい。とりあえず旦那さんに読んでもらいたいところだけど、その行動を強化できる自信がないしなぁ。私はまだまだだ。2015/04/27

さおり

41
例えばこの本を、高校の授業に全員が理解できるかたちで取り入れるとする。そうしたら数年後には、私たちはとても心地良い世界に暮らせるようになる。パートナーとの喧嘩も児童虐待もいじめも激減。私が園の先生方にアドバイスしなくちゃならないことも半分以下に減るんじゃないか。今、作らなあかんくて困ってるパワポ資料だって、作らなくて良いんじゃないか。はー。まぁいいや。久しぶりに読んだらやっぱりおもしろく、学びの多い本でした。2021/06/24

Yuma Usui

30
行動分析学を知りたい人はもとより該当知識のない人にも学びが多い一冊。自分や他者の行動を変える科学的な知見を得られる。ある行動について、意思ややる気や性格など「ラベリング」された理由で説明する「医学モデル」ではなく、行動が何故起きるのか/起きないのかを一連のプロセスで分析し対応できる手法は様々な場面で有用と感じた。行動には直前の状況に反応するレスポンデント行動と直後の状況を生み出すためのオペラント行動の2種類存在し、これらの行動は死人にはできない活動であるという説明も面白い。行動随伴性の強化は60秒が鍵。2021/01/04

みたらし

18
行動分析学の入門書。事前に「メリットの法則(奥田健次)」を読んでいたこともあり、スムーズに理解することが出来ました。電気を付け忘れることは少ないのに、消し忘れてしまうことはよくあるということなどの例を通して、随伴性という考え方を再確認できました。このような考え方は、ビジネスの場面でも応用できることが分かりました。他には、随伴性によってとらえた場合、言語は7種類に分類できることが分かりました。動物の行動全般を、循環論を避け、限られた概念で説明しようとする行動分析学のおもしろさを感じられました。2015/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/105711

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。