集英社新書
お産の歴史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087201390
  • NDC分類 385.2
  • Cコード C0221

内容説明

出産の歴史は人類の歴史とともにある。わが国では縄文時代中期の出産の様子を示すと思われる土偶も、いくつか発掘されている。そうした太古の時代から二一世紀を迎えた今日まで、出産を取り巻く状況は大きく変化してきた。七世紀から八世紀にかけ中国の医学、医術がもたらされ、一七世紀、西洋医学が取り入れられ、独自の出産文化を生み出してきたのだ。本書は医学史的見地から、さまざまな文献史料を参照し、日本人の出産の歴史を辿る。

目次

ヒトとサルの出産
縄文・弥生時代
古墳時代
飛鳥・奈良時代
平安時代
鎌倉時代
室町時代/戦国・織豊時代
産科習俗
江戸時代前期
江戸時代中期
江戸時代後期
近代の出産
現代の出産

著者等紹介

杉立義一[スギタツヨシカズ]
1923年兵庫県生まれ。京都大学医学専門部卒。京都府立医科大学研究科修了。医学博士。産科医院開業の傍ら医学史を研究。日本医史学会常任理事、アメリカ医史学会会員。80年『京都の医学史』(共著、思文閣出版)により毎日出版文化賞特別賞、91年日本医師会最高優功賞、日本医史学会矢数医史学賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。