集英社新書
リビング・ウィルと尊厳死

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 204p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087201314
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0236

内容説明

人生の最期―愛する人にも自分にも、確実にやってくるその時を、どう迎えるか。たとえ不意に、剥き出しになってそれが立ち現れるとしても、できるだけ自然に任せて、必要以上に苦しまず、心安らかに逝きたい。科学、医学の発達の結実なのかどうか、生と死の境目で起こることが、より複雑に、より奇怪になっていくようにみえる今日、立ち止まって自分なりに考えてみたい。死んでゆく者として、最後の権利を主張することは可能なのか。自分の最期を自分の手に取り戻すには、どうすればいいのか。

目次

第1章 最期の自己決定権
第2章 安楽死事件の衝撃
第3章 欧米の慈悲殺と死ぬ権利
第4章 日本の安楽死運動
第5章 終末期医療と尊厳死

著者等紹介

福本博文[フクモトヒロフミ]
1955年東京都生まれ。東洋大学法学部卒業。雑誌編集者を経て、現在、著述に専念。現代人の心の闇を探求するノンフィクション作品が多い
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。