集英社新書<br> TVメディアの興亡―デジタル革命と多チャンネル時代

個数:

集英社新書
TVメディアの興亡―デジタル革命と多チャンネル時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月29日 00時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087200263
  • NDC分類 699.2
  • Cコード C0265

内容説明

地上波テレビ・ネットワークの熾烈な争い。全国に張り巡らされたケーブルテレビ網や、衛星放送の発展に伴う多チャンネル化。映像ソフト価格の大暴騰。そして、次世代テレビをにらんでのデジタル革命―アメリカでは、巨額の資金をもつメディア・コングロマリットによって、こうした複雑で急速な変化が日々もたらされている。本書は、今まさに動いているアメリカ映像メディアの地殻変動をわかりやすく伝え、日本においても近い将来確実に起こるこの劇的変化の意味を知るための必読の書である。

目次

アメリカ放送人の本音
メディアの基本構造(地上波;ケーブルテレビと衛星放送)
映像メディア戦国時代
暴走する番組価格
文系のためのデジタル入門
アメリカのデジタルテレビ
日本の次世代テレビ
誰がテレビを盗むのか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

23
アメリカのテレビ事情がよくわかった(ケーブルテレビが普及している理由もわかった。案外単純な理由だった)。「文系のためのデジタル入門」もわかりやすかった。やはり音楽においてアナログに勝るものはない。2014/11/06

チャーリイ

2
2000年の本なのだが、当時のアメリカの放送業界の現状は、いまの日本の放送業界と重なる。デジタル化とCATVの普及によって、当時のアメリカにおける放送業界の激動のときの環境が、日本でも起きている。もちろん、電波行政の方針などは日米で異なるが、多チャンネル化、デジタル化、インターネットの普及という大きな潮流の中で、マスコミが必死に生き残ろうとしているのは同じだ。 筆者は最後に、TVメディアが生き残るためには、ソフトの良質化しかないとしているが、僕も同感である。いかに良いものを作れるか。そこに尽きる。2013/08/20

Naota_t

0
★3.3 辛坊さんはこういう本を書いていたのが意外。アメリカと日本のケーブルテレビ、衛星放送等のメディア構造の違いが興味深かった。ビジネスの手法もインフラの土台も全然違うのね。しかし、内容は面白いが、今となっては時代錯誤な読物である。当時はやっとPC保有率が約50%になった2000年の話。それから20年のITの進化は凄まじく、現代ではテレビを持たない選択をしている人も多いし、持っていてもテレビ番組を見るため、という目的の人も減ってきている。現に私は最近テレビで「テレビ番組」をほぼ見ていない。面白い時代だ。2019/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/111704
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。