集英社オレンジ文庫<br> 掌侍・大江〓子の宮中事件簿〈3〉

個数:
電子版価格
¥704
  • 電書あり

集英社オレンジ文庫
掌侍・大江〓子の宮中事件簿〈3〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月21日 04時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086804820
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

女3人寄らば、事件勃発!!
噂、嫉妬、嫌がらせ…宮中では今日も誰かがこじれている――。

定年退職を目指して働く内裏女房のコウ(コウ※)子。
だが女が集まる宮中に平穏が訪れるわけもなく……。
離婚を機に復職した同僚の不穏な噂や夜な夜な響く赤子の泣き声、朽ちていく謎の庭。
さらには帝から二人の女御のうち一人にだけ贈られる特別な唐錦が引き起こした女たちの対立。
火種はどこにでも燻っている。
そして、ここではだれもが秘密を抱えて生きている。
図らずも帝の信頼を得てしまったコウ子は、内裏を騒がす事件と謎を穏便に解決しようとするが、思わぬ人物の秘密を暴くことになり!?

死者と生者の思惑が交じり合う、平安京・働く女の秘密の事件簿第3弾!

※くさかんむりに行

内容説明

定年退職を目指して働く内裏女房の〓子。だが女が集まる宮中に平穏が訪れるわけもなく…。離婚を機に復職した同僚の不穏な噂や朽ちていく謎の庭。帝から二人の女御のうち一人にだけ贈られる特別な唐錦。火種はどこにでも燻っている。図らずも帝の信頼を得てしまった〓子は内裏を騒がす事件と謎を穏便に解決しようとするが、思わぬ人物の秘密を暴くことになり!?

著者等紹介

小田菜摘[オダナツミ]
沖原朋美名義で2003年度ノベル大賞・読者大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

46
赤ん坊の泣き声に、庭木が枯れていく庭と、今は居ない中宮への贈り物…次々に難題が…2022/12/26

よっち

37
図らずも帝の信頼を得てしまった荇子。内裏を騒がす事件と謎を穏便に解決しようとするものの、思わぬ人物の秘密を暴くことになってしまう第三弾。離婚を機に復職した同僚の不穏な噂や夜な夜な響く赤子の泣き声、朽ちていく謎の庭。さらには帝から二人の女御のうち一人にだけ贈られる特別な唐錦が引き起こした女たちの対立。これだけ人がいれば人間関係もこじれるよな…と思いながら毎回読んでいますが、事情を察するのに長けていて、当事者や帝の思いを汲みながら上手い落とし所を見出してみせる荇子が信任されているのも分かるような気がしました。2023/01/18

らび

32
後宮ともなれば多くの美姫が美を競い互いにけん制し合い闇も蠢く・・中宮不在でいわば2トップの弘徽殿と麗景殿の間に起こる中宮ご指名の唐織物争奪戦!でもない。早々に辞退する麗景殿。何か思惑でも?身分によって許される装束で如何にお洒落な装いをするか、この時代の女性たちの執念は凄いが自分の好みを活かせないのも辛いですね。そして荇子は帝に転がされていく。ホントに食えないw良い上司なのですがどんどん征礼との仲を取り持つ感じになってきました。2023/03/01

kagetrasama-aoi(葵・橘)

30
「掌侍・大江荇子の宮中事件簿」第三巻。弘徽殿女御と麗景殿女御の錦をめぐる争いが、すごーく楽しかったです。襲ね色目は「常用国語便覧」(娘の高校時代の現国の副読本)で確かめながら。今巻、初登場の “竜胆宮” これからの要になりそうな人物ですよね。楽しみ、楽しみ。2023/12/10

りー

28
上手いなぁと思うのは、現代の問題を平安に当てはめてくるところ。今回は乳母に預けられなかった乳児が宮中の局で夜通し泣いて、同僚の女房に顰蹙を買うところからお話が広がっている。予め「ご迷惑をおかけして~○○な事情で~○○までにはなんとかしますので~」っていう断りを入れる・入れないっていうの、現代でも同じだなぁと。帝が一癖も二癖もあるところがとても魅力的。新尚侍もとっても良くて、彼女が女御になれば良いのに!と思っています。2023/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20449728
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。