コバルト文庫<br> 炎の蜃気楼(ミラージュ) 〈20〉 十字架を抱いて眠れ

電子版価格 ¥506
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

コバルト文庫
炎の蜃気楼(ミラージュ) 〈20〉 十字架を抱いて眠れ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 212p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086142182
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

17
謙信が直江を擁立した理由と人にも動物にも触れない身体になってしまった高耶さんの状況に愕然としました。やっとこれからなのに時間も周囲も待ってはくれず、相手と共にいられない事実に泣きました。最後まで高耶さんを慕う美弥ちゃんとの別れが悲しいです。2012/01/28

あすな

12
「あなたは、もう俺だけのものだ……」。「(この男は、オレのものだ)」。十五万の夜を越えて、辿り着いたはずだった。/おおう…結ばれたはずなのに、何処へ行くのよ?!高耶ちゃん!!もう感情が振り回されっぱなしです。苦しくても痛くても、ただ生きて欲しかった。自分を縛りつけて欲しかった。使命なんて関係ない。ただ欲しかったんだと。互いにそう思っていたことがわかっているのに、どうしてこの二人は…!!まだ折り返し地点なんて!あんまりだ!/魂の寿命って…あんまりだ。謙信公も残酷なお人だよ。高耶ちゃんカムバック!!2014/01/15

ブラックジンジャー

11
せっかくの二人きりの時間も色々な状況を考えると、辛くなってしまいます。謙信の考えもわかったけど、更にどうしようもない。…にしてもこれで半分とは、どうしましょ(>_<)2012/09/17

momo

9
二十巻でようやく結ばれるというのは知っていたので、とりあえず二十巻まで…二十巻まで……と呪文のように唱えながらここまで一気読みしてきたけれど、まさかこんな二人だけの刹那的な幸せだとは……。何度も何度も宿体を変えながら生き続けてきた景虎、というか高耶が、今の橘義明としての直江の肉体に執着しているところに何かこの物語における一つの本質が見えた気がした。しかし一番泣いたのは一章の美弥ちゃん…以前から徐々に感じられていた「仰木高耶」の帰る日常の喪失が、もう完全に戻れないところまで来てしまったことがただただ切ない。2013/08/16

きゅ-ちょー@悩惚堂本舗

8
二人に訪れた刹那の蜜月。ひたすら二人の情愛の深さが描かれる。ちょうど物語の半ばにして、大きなターニングポイントとなるであろう巻。二人の想いを吐き出すように搾り出すように描く作者の熱情まで伝わってくる。2011/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561390

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。