コバルト文庫<br> マリア様がみてる―バラエティギフト

個数:
電子版価格 ¥495
  • 電書あり

コバルト文庫
マリア様がみてる―バラエティギフト

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 21時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 199p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086003605
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

木曜日の放課後。いつものように薔薇の館の二階に足を踏み入れた祐巳は、異様な光景を目にする。由乃が、灯りもつけずにテーブルの一点を見つめていたのだった!由乃の視線の先にあったのは、デパートの包装紙で包まれた箱。箱には前黄薔薇さま・江利子の字で『可愛い妹たちへ』と書かれている。由乃は包装をはがしてしまうが…!?贈り物からはじまる、4編のスペシャル・ストーリー。

著者等紹介

今野緒雪[コンノオユキ]
1965年6月2日、東京生まれ。『夢の宮~竜のみた夢~』で1993年上期コバルト・ノベル大賞、コバルト読者大賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かのこ

43
シリーズ十六作目は短編集。マリみてシリーズの短編集は、話と話を続く「のりしろ」がシリーズファンにはたまらなく、各短編も「日常の謎」あり「愛憎」あり「ファンタジー」や「時代小説」もありでとても面白い。今作は、元黄薔薇さま・鳥居江利子さまからのバラエティギフトをめぐる不思議がのりしろ。 リリアンで起きた二つの奇跡のお話「降誕祭の奇跡」が一番好き。2020/05/15

ガーガー

32
今回は短編集。高等部の面接での乃梨子の受け答えの堂々としたところにさすが!、と思ってしまった。あと裕巳との会話が珍しくて面白かった。あと元黄薔薇様は好きな人の娘に会うかどうかの時には妹じゃなくて孫にちょっかいをかけるところも面白かった。そして約束はちゃんと念押しするところはさすがです。ってか由乃さんはよく気づいたな。2016/08/05

ぬー

14
初の番外編。最初の不思議な奇跡の話が印象に残った。未だに由乃が妹を作ったところを想像出来ないけど大丈夫だろうか。★4.02017/09/01

kitten

10
マリ見て再読。短編集のバラエティギフト。詰め合わせでサクッとよめる。エリコ様と熊男の今後はどうなったんだろう?熊男の敗北しかありえないのはわかっているけど。ショウコちゃん初登場。2021/06/09

10
電子書籍にて読了。短編集。いつものメンバーがメインの話はもちろん、リリアンの他の生徒や先生の話も。メインの『バラエティギフト』、そして『毒入りりんご』が好き。由乃さんいじめてかわいがりたくなる気持ちはわかるなあ、と。『ショコラとポートレート』も良い。いつか蔦子さんが笙子さんと出会ったら、二人は姉妹になったりするのかな、なんて。2014/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/570166

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。