コバルト文庫<br> 陰陽師九郎判官

電子版価格 ¥495
  • 電書あり

コバルト文庫
陰陽師九郎判官

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086003568
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

時は平安末期。木曽義仲が勢力を拡大する中、源氏の棟梁・頼朝がついに挙兵。奥州にいた美貌の軍師・九郎義経も、鎌倉へかけつける。しかし、兄頼朝は、九郎に冷たい態度をとる。失意の九郎の前に現れたのが、馬李阿と名のる、金髪碧眼の異国の美女。「九郎さま、都におのぼりあそばせ」馬李阿はそうささやきかける。そして九郎は、都で自分の中に眠る力を知ることになる!歴史伝奇アクション。

著者等紹介

田中啓文[タナカヒロフミ]
1962年大阪生まれ。93年「背徳のレクイエム」で第2回ファンタジーロマン大賞に入賞。同時に「落下する緑」が「鮎川哲也の本格推理」に入選し、デビュー。02年「銀河帝国の弘法も筆の誤り」で星雲賞短編賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。