コバルト文庫<br> 耀変黙示録6 乱火の章―炎の蜃気楼(ミラージュ)〈35〉

電子版価格
¥506
  • 電書あり

コバルト文庫
耀変黙示録6 乱火の章―炎の蜃気楼(ミラージュ)〈35〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 234p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086001410
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

己が手に堕ちた高耶の姿を四国中に見せつけ、信長は“裏四国”支配を宣言した。その上で、赤鯨衆が降伏せねば、高耶が四国に地獄をもたらすと言う。衝撃を受けつつも、嶺次郎は彼を救出すべく安土城へ向かおうとする。だが、信長は既に動塞・安土城によって彼らを射程に捉えていた!一方、紫灯護摩を執り行う本宮大社では、死者を排除しようと現代人が押しかけ、テルたち修験者を襲い始めて。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。