コバルト文庫<br> 耀変黙示録5 天魔の章―炎の蜃気楼(ミラージュ)〈34〉

個数:
電子版価格 ¥506
  • 電書あり

コバルト文庫
耀変黙示録5 天魔の章―炎の蜃気楼(ミラージュ)〈34〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 17時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086001151
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

布都御魂を奪い、高耶までも連れ去った織田信長。その後を追い、直江は赤鯨衆や綾子の制止を振りきり、単身伊勢へと向かう。高耶の魂を延命するかわりに臣下になれと言った、信長のもとへ。一方、捕らわれの身となった高耶は、「闇戦国」の根底にある事実とその目的を信長の口から知ることになった!?時代をこえて拡大した「闇戦国」は今、信長の思惑のままに、世界をも呑み込もうとしていた。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

10
知らぬ間に人の望む思惑に乗っていたとしても絶望や後悔することが分かった上で決断して歩んできたことは決して虚しいことではないと叫びたい気持ちです。人の残酷さを理解し、人の心を嬲り殺しにする織田信長に人間の心はあると賭けてしまうのは甘いのだろうか?2012/03/16

波璃子

7
囚われの身になってしまった高耶。信長が思っていた以上にやばい人だった。最後は衝撃展開。2018/08/05

たろさ

6
やっぱり高耶の為に、信長の家臣となってしまった直江。額に「魔王の種」まで植えつけられて。それでも、それにあらがう直江と、嫉妬に叫ぶ高耶に心奪われる。どんなに試練があろうとも、二人の永遠、最上を求めてくれると願う。信長が大きな敵であれば敵であるほど、それを乗り越える二人が見たい。2018/06/28

きな粉

6
カバーをかけないと読めたもんじゃない表紙です…決してスケベな本じゃありません。。大小様々なパズルのピースがはまっていった巻でした。さすがラスボス信長公。2016/01/28

りつか

5
あああついに景虎が信長の手に…。表紙の絵を見てまさかと思ってたけどほんとに予想(というかむしろ期待)を裏切らない展開でひたすら信長すげえええって思いつつ読んでた。【tkb】2012/11/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/549368

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。