集英社版・学習まんが 世界の伝記NEXT<br> 津田梅子

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

集英社版・学習まんが 世界の伝記NEXT
津田梅子

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年12月05日 17時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784082400781
  • NDC分類 K289
  • Cコード C8323

出版社内容情報

おもしろくてわかりやすい! 集英社版・学習まんが『世界の伝記NEXT』シリーズ。

2024年からの新紙幣・五千円札の顔はこの女性!

たった6歳で海を渡り、日本初の女子留学生となった津田梅子。アメリカで教育を受けて帰国した梅子は、日本には女性のための学校が必要であることを痛感します。そして「女子英学塾」(現在の津田塾大学)を開校。女性の活躍が難しい明治時代に女性が学ぶ道をきりひらいた梅子の人生を、まんがで楽しく知ることができます。

【本書の特徴】
●まんがだから読みやすく、わかりやすい!
●すべてふりがな付きなので、小学校低学年から楽しく読める!
●Q&Aや年表など、よりくわしく知れる記事ページも充実!

【もくじより】
登場人物紹介
六歳の留学生
帰ってきた日本
女学校か研究か
女学校誕生
女子英学塾の発展
9つの質問でわかる! 津田梅子ってこんな人
津田梅子年表
もっと知りたい! 津田梅子

内容説明

明治時代のはじまり、6歳の少女が日本初の女子留学生としてアメリカに旅立ちました。その子の名前は津田梅子。アメリカで学校へ行き、日本とは違う文化にふれ、さまざまな場所で活躍する女性たちを知った梅子は、17歳で日本に帰ってきました。しかし帰国した当時の日本は、社会に出て仕事をする女性はまだ少なく、活躍の機会が限られていました。梅子は女性のための学校が必要と考え、理想的な教育をおこなえる学校創設に力を尽くします。そして「女子英学塾」を開校し、女性が学ぶ道をきりひらいたのです。

目次

六歳の留学生
帰ってきた日本
女学校か研究か
女学校誕生
女子英学塾の発展

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

RX78

25
津田塾大学を作った人というくらいしかしらなかったけど、すごい人だったんだなぁ。英語というより、女性の権利拡大という面ですばらしい功績があった人なんだ。出てくる人がヘレンケラーにナイチンゲールにって、読んでよかった1冊。2021/09/22

れい

9
【図書館】この方のことを知らずに来た。けれど、日本の女性が学問を学べるようになったのは彼女のお陰。もし彼女が居なかったら、日本の女性が教育の機会に恵まれるのはまだ先のことになったんではなかろうか?多才な才能に恵まれながらも、初志貫徹した芯の強い女性でした。2021/09/05

Eri

4
娘小3図書館。 津田梅子、素晴らしい!!ヘレン・ケラーにもナイチンゲールにもルーズベルト大統領にも会っているのもスゴい!! 熱意があっても、最後までそれをやり遂げられることはとても難しいことだと思うけれど、信念で乗り越えていった人だなぁと感じた。 そして、結局は実家の裕福さであることよ!!2021/08/31

ぷぅ

3
米国の大学では科学者としても期待されていたのですね。 娘、他の女性の伝記を読んでて「女に学問はいらない」と言う親に怒ってたので、津田梅子のお父さんに感心してました。2021/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18105717

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。