• ポイントキャンペーン

よくわかる最新医学
痔―可能なかぎり切らずに治す

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784072310601
  • NDC分類 494.658

内容説明

本書は、あなたが、「痔」を切らずにうまく治すため、あるいは、共存するために役に立つ情報が満載の一冊。

目次

第1章 痔は切らなくても治せる
第2章 3大痔と、痔と間違えやすい病気
第3章「痔と思っていたら、大腸がん」というケースが増えている
第4章 痔は生活習慣病―セルフケアで治す
第5章 便秘と下痢を予防する3つの方法
第6章 痔の薬物療法
第7章 医師に手術をすすめられたら

著者紹介

平田雅彦[ヒラタマサヒコ]
1953年、東京都生まれ。1981年、筑波大学医学専門学群卒業。1982年、慶応義塾大学医学部外科学教室に入局し、一般外科を研修。1985年、社会保険中央総合病院大腸肛門病センターに入り、大腸肛門病の専門医としての豊富な臨床経験を積む。現在は、1935年開院の平田肛門科医院の3代目院長。「患者さん本位の親切医療」をめざし、最新の医療技術と心身両面の生活指導を通して、患者さんが本来持つ自然治癒力を最大限に引き出そうと努力している。日本大腸肛門病学会の肛門領域の指導医

出版社内容情報

出来るなら「切らずに治す」を基本姿勢とする著者が、セルフ・ケアを中心に、痔の発生要因から、生活・食事法。薬の正しい使い方、最新の治療法までを親切に紹介・解説。

三人寄れば「痔」主が一人と言われるように、痔は日本人にとって非常に身近な病気。また、治療は早期受診がカギを握っているが、日本人の場合、概して、がまん出来ないほど症状が悪化してから病院に駆け込むケースが多い。その根底には、診療を受けるのが恥ずかしい。医者に行くと、即手術をされてしまいそう(その手術が死ぬほど痛い)という心理がある。本書は「出来れば、切らずに治す」を基本姿勢に、痔核、裂肛、痔瘻といった痔の発生のメカニズムから、自然治癒力、セルフ・ケアで治すポイントを詳しく紹介。