あなたが誰かを殺した

個数:

あなたが誰かを殺した

  • ウェブストアに614冊在庫がございます。(2024年02月29日 09時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 312p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065311790
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

★★★ミステリ、ど真ん中。★★★
最初から最後までずっと「面白い!」至高のミステリー体験。

閑静な別荘地で起きた連続殺人事件。
愛する家族が奪われたのは偶然か、必然か。
残された人々は真相を知るため「検証会」に集う。
そこに現れたのは、長期休暇中の刑事・加賀恭一郎。
――私たちを待ち受けていたのは、想像もしない運命だった。

内容説明

閑静な別荘地で起きた連続殺人事件。愛する家族が奪われたのは偶然か、必然か。残された人々は真相を知るために「検証会」に集う。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

535
東野 圭吾は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。加賀恭一郎シリーズも読み続けて12作目となりました。 安定の面白さですが、今回の加賀 恭一郎は、金田一耕助のような感じでした(笑) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005502.000001719.html 10月は本書で読了です。2023/10/31

パトラッシュ

511
過去に起こった殺人を関係者の証言から真相に迫るのは、法廷ミステリの展開そのものだ。別荘地での大量殺人事件を巡り犯人の供述に納得できない遺族が開いた検証会に招かれた加賀刑事が、検事と弁護人と判事を兼ねて解き明かしていくプロセスは一部の隙もない。最近は人情物だったり装飾過剰気味が目立った東野作品だが、久しぶりに純粋な謎解きの面白さを堪能した。しかも真実の発見で終わらず、最後のひとひねりが鮮やかな決め技であった。ただ被害者が殺されて当然のクズばかりなせいか、犯人が暴かれてもカタルシスを感じられなかったのは残念。2023/11/17

bunmei

490
別荘地で起きた連続殺人事件の犯人が、早々分かった上で展開するミステリー。その事件に関わる一癖も二癖もある登場人物達の醜い腹の探り合いの中から、連続殺人事件に隠された真相を炙り出していく展開。エラリーやアガサの探偵作品を想起するような内容だが、なんとその探偵役の形で登場するのが加賀恭一郎というのだから、加賀シリーズを待ちわびた読者にしたら堪らない。相変わらず、鋭い眼光と推理で連続殺人事件の関係者の裏の顔を、次々に暴いていく。展開も二転三転とする中で、最後に辿り着いたのは、あまりにも意外な黒幕の正体だった。 2023/09/27

タツ フカガワ

410
別荘地で一夜のうちに5人が刺殺され1人が刺傷した多重殺人事件が発生。直後に犯人が名乗り出て事件は解決かと思われたが、あやふやな供述で犯行の全容が明らかにされないため、被害者家族が独自に検証会を結成する。そこに休暇中の加賀恭一郎が協力することに。読み始めたら止まらないフーダニット・ミステリーで、最後の最後まで油断できない展開に平伏。加賀恭一郎に探偵ポアロが重なること度々でした。面白かった。2023/10/22

hirokun

409
★4 東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズの新刊。しっかり楽しめた。何か久しぶりに正統派のミステリーを読んだような気がする。最近のミステリーは、わたしにとってはすこし凝りすぎた作品が多く、それに対してこの作品は、リーダビリティもあり、一気読みでした。注意深く人を観察し、人の裏の裏まで感じ取る加賀さんの推理力、人間性は読んでいても気持ちよく物語の中に入り込める。2023/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21514272
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。