ポンコツ一家

個数:
電子版価格
¥1,265
  • 電書あり

ポンコツ一家

  • ウェブストアに32冊在庫がございます。(2024年06月25日 00時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065305102
  • NDC分類 779.14
  • Cコード C0095

出版社内容情報

家族紹介。
うちは、
母、80歳、認知症。
姉、47歳、ダウン症。
父、81歳、酔っ払い。
ついでに私は元SMの一発屋の女芸人。45歳。独身、行き遅れ。
全員ポンコツである。
ただ、皆が皆ずっとこうだった訳ではない。
何十年かぶりに、私は実家に戻った。
まずはその理由を、いや長めの愚痴にお付き合い頂けたら、とても嬉しい――。

***
変わり果てた実家。私の知らない母。実家に戻って
住もうなどと、その時は夢にも思っていなかったのに。

ローテーブルの上に、割りばしが突っ込まれたままのカップ麺や缶詰、茶色いお惣菜がこ
びりついたプラスチック容器、半分セメント色したミカン、黒炭のようなバナナの皮等々
の食べ残し、残骸が溢れている。ちょっとしたゴミ屋敷だ――。

どんな状況だって、病気だって、「ポンコツ」な人はいない。
でも、愛を持って私は家族を「ポンコツ」と呼ぶ。

***
「どこのどいつだ~い?」「あたしだよっ!」「にしおか~すみこだよっ」
ロングヘアをなびかせ、SMの女王様の格好で行う漫談で人気を博し、エンタの神様にも出演していた芸人・にしおかすみこさん。現在46歳で、髪もバッサリショートヘアにカットしたにしおかさんが「全員ポンコツ」と語る、自分の家族と介護の物語。

ポンコツ一家 目次

1 実家が砂場になっていた         
2 記憶力テスト                
3 背比べ                    
4 ヘドロとドロボー               
5 疑惑                      
6 大晦日の大事件               
7 一月にクリスマス               
8 地域包括支援センターと冷凍マグロ   
9 大事な話              
10 姉のバタフライ          
11 ホタルイカ           
12 ママ速報
13 私の大事な話                     
14 花火とぎゃくたい       
15 干支
16 ワクチンで発熱         
17 青い花
18 ソワソワ              
あとがき 

内容説明

家族紹介。うちは、母、80歳、認知症。姉、47歳、ダウン症。父、81歳、酔っ払い。ついでに私は元SMの一発屋の女芸人。45歳。独身、行き遅れ。全員ポンコツである。連載第1回だけで1200万PVを超えた「壮絶だけど笑って泣ける」家族のリアルな物語。

目次

実家が砂場になっていた
記憶力テスト
背比べ
ヘドロとドロボー
疑惑
大晦日の大事件
一月にクリスマス
地域包括支援センターと冷凍マグロ
「大事な話」
姉のバタフライ
ホタルイカ
ママ速報
私の大事な話
花火とぎゃくたい
干支
ワクチンで発熱
青い花
ソワソワ

著者等紹介

にしおかすみこ[ニシオカスミコ]
1974年生まれ。千葉県出身。2007年日本テレビ「エンタの神様」で女王様キャラのSMネタでブレイク。春風亭小朝師匠の指導のもと落語に挑戦。高座名は「春風こえむ」。現在ではテレビ東京「なないろ日和!」など、リポーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きみたけ

133
終始笑いつつも、どこか哀愁の漂う内容でした。著者は、かつて「エンタの神様」にSMキャラで出演し一世を風靡した芸人にしおかすみこ。母、80歳、認知症。姉、47歳、ダウン症。父、81歳、酔っ払い。「全員ポンコツ」と語る彼女の家族と介護に奮闘する女芸人のお話。FRaU web 2021年9月から2022年9月公開記事を加筆修正の上、書き下ろしの原稿を加えた一冊。正直、もし自分が彼女の立場だったらどう対処していいやら途方に暮れるし、投げ出してしまいそう。家族のためとはいえ、にしおかすみこの根性に敬服です。2024/02/27

mint☆

131
芸人にしおかすみこさんの家族エッセイ。表紙とタイトルはかわいいのに、母は認知症、姉はダウン症、父は酔っ払いと中身はとても壮絶。にしおかさんのツッコミで思わずクスッと笑ってしまうのに同時に涙が出てくる。この大変な状況でも家族への愛が感じられてとても温かい。母の料理が食べたいと実家に帰ったはずなのに様子のおかしい母が心配で実家に戻る決意をしたすみこさん。お母様の料理は二度と食べられないかもしれないと思っている中、突然作ってくれた肉じゃがを頬張るシーンは胸がギュッとなりました。#NetGalleyJP2023/01/18

ネギっ子gen

87
【母80歳認知症。姉47歳ダウン症。父81歳(パパクソと呼ばれる)酔っ払い】REIさんのレビューに惹かれ――。著者は、元SMの一発屋芸人。家族全員のポンコツぶりがリアルに綴られる。連載が始まったと知り、正気の状態の母は言う。<ワルが入ってなきゃいいよ。そんな単純じゃないだろ。そんなきれいごとじゃないでしょ。それがウチで、それを書いてるんでしょう。あんたはあんたらしく胸を張りなさい。堂々と気持ちを伝えなさい。ウチらはどこにでもある普通の『ボンクラ一家』ですって>と。“家族への悪口”ではなく、“愚痴”だと。⇒2023/10/20

tetsubun1000mg

81
「母認知症、父酔っ払い、姉ダウン症のSM女王一発屋芸人にしおかすみこ」という紹介に持っていかれた。 コロナで仕事がなくなり実家に戻ったらゴミ屋敷だったというスタート。 ほのぼのとした表紙とは大違いの展開だが、認知症の家族との生活は大変だという事はよくわかる。 結局は愛情や思い出があって一緒に暮らしているのでしょうか。 「介護施設の利用も考えたほうがいいですよ」なんて言いたくなるんですよね。 web連載をまとめたそうなので今も続けているのかな調べてみよう。 フルマラソンにも出場しているらしい。2023/03/30

いっせい

80
認知症の母、酔っ払いの父、ダウン症の姉、一発屋芸人の著者にしおかすみこ。コロナ禍で仕事も無くなったのをきっかけに実家に戻ったら、そこはまるでゴミ屋敷。母の認知症も日を追うごとに進行し、著者の苦労も絶えない。なかなかヘビーな家庭環境だけど、さすが芸人。毒舌とユーモアが溢れ、明るい。家族はそれぞれバラバラの方向を向いていて、ケンカも絶えないのだけど、それでも時間が過ぎれば、居間にもどってくる。のらりくらりと、支え合っている。ハッピーエンドじゃなくて現在進行中のままで終わったのもリアリティがあって良かった。2023/03/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20570531
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。