ブルーバックス<br> 宇宙を支配する「定数」―万有引力定数から光速、プランク定数まで

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ブルーバックス
宇宙を支配する「定数」―万有引力定数から光速、プランク定数まで

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年05月22日 10時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 264p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065273296
  • NDC分類 420
  • Cコード C0242

出版社内容情報

万有引力定数=G、光速=c、プランク定数=h……など、根源的な自然法則に現れる「物理定数」。
科学はいかにして「その値」にたどり着いたか?

万有引力の法則から相対性理論、量子力学まで、宇宙の成り立ちを説明する物理法則には、必ず「固有の値」=物理定数が登場する。
物理定数とは何か? なぜ、一定の値をとるのか?
その値はどう決まるのか? そして、本当に「一定不変」か?
宇宙の誕生と進化を司る「究極の値」のすべて──。

〈もくじ〉
第1部 物理定数とは何か──原子に刻まれたものさし
第2部 「時空」を支配する定数──時間、光速、万有引力
第3部 「ミクロの世界」を支配する定数──電気素量、プランク定数、ボルツマン定数
第4部 宇宙の進化と物理定数──果たして「一定不変」か?

内容説明

万有引力の法則から相対性理論、量子力学まで、宇宙の成り立ちを説明する物理法則には、必ず「固有の値」=物理定数が登場する。物理定数とは何か?なぜ、一定の値をとるのか?その値はどう決まるのか?そして、本当に「一定不変」か?宇宙の誕生と進化を司る「究極の値」のすべて―。

目次

第1部 物理定数とは何か―原子に刻まれたものさし(物理定数とは何か―根源的な法則に現れる「固有の値」;物質と定数―光が解き明かす極微の世界)
第2部 「時空」を支配する定数―時間、光速、万有引力(時間を刻む「原子の振り子」―「時間を測る」とはどういうことか;光速「c」―不変にして宇宙の「上限速度」;万有引力定数「G」―万物をつなぎとめる「糸」)
第3部 「ミクロの世界」を支配する定数―電気素量、プランク定数、ボルツマン定数(電気素量「e」―電気と力のキャッチボール;プランク定数「h」―量子力学の代名詞;ボルツマン定数「k」―熱とエネルギーの変換係数)
第4部 宇宙の進化と物理定数―果たして「一定不変」か?(物理定数を「決定する」とはどういうことか;物理定数は「不変」か;定義値の「その先」へ)

著者等紹介

臼田孝[ウスダタカシ]
1962年、長野県生まれ。国立研究開発法人産業技術総合研究所執行役員、計量標準総合センター長。1987年、東京工業大学総合理工学研究科修士課程修了。新日本製鐵株式会社(現・日本製鉄株式会社)を経て、1990年に通商産業省工業技術院計量研究所(現・産業技術総合研究所)入所。振動計測、光波干渉計などの研究に従事。ドイツ物理工学研究所(PTB)、フランス国立科学研究センター(CNRS)、国際度量衡局(BIPM)の各機関において招聘研究員。2012年より国際度量衡委員を務め、現在、同委員会幹事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まえぞう

14
(Kindle版で登録してしまったので、改めてこちらで登録します)同じ著者で最近改定された新しい単位の話を読みましたが、この本はそのベースになっている物理法則や定数の話です。産総研で単位の仕事の実務にあたられてきた経歴を踏まえて、どのように考えられてきたのかが良くわかる説明になっています。特に、定義を現示する際の困難が苦労の基だと実感しました。2022/03/04

あじょじょじょ

3
自分が最近、宇宙の姿に関する物理学にハマり出すきっかけになった本です。2022/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19298624

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。