ブルーバックス<br> 地球は特別な惑星か?―地球外生命に迫る系外惑星の科学

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ブルーバックス
地球は特別な惑星か?―地球外生命に迫る系外惑星の科学

  • 成田 憲保【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 講談社(2020/03発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 22pt
  • ウェブストアに722冊在庫がございます。(2020年04月09日 17時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065187333
  • NDC分類 445
  • Cコード C0244

内容説明

1995年の初めての発見から25年、われわれが知る系外惑星の数は4000個を超えた。人類はいかにして系外惑星を探してきたか。系外惑星の発見は私たちの世界観をどう変えたか。そして、科学はいかにして「宇宙における生命」に迫ろうとしているか。気鋭の天文学者が語る、系外惑星と生命探査の最前線。

目次

第1部 系外惑星探査小史―太陽系の理解から「第二の地球」の可能性まで(私たちのふるさと―天の川銀河、太陽系第三惑星、地球;最初の系外惑星が見つかるまで―挑戦、失敗、常識はずれの惑星;ケプラー計画がもたらした革命―画期的なアイデア、試練、膨大な発見)
第2部 系外惑星探査の現在―探し方の進化と見えてきた世界(系外惑星の探し方―あの星に惑星はあるか?;系外惑星の多様性―太陽系とは異なる世界;系外惑星が教えてくれたこと―太陽系は特別か?地球は特別か?)
第3部 「第二の地球」、発見前夜―ハビタブルプラネット探査とアストロバイオロジー(さらなる探査へ―まだ見ぬ惑星たちを求めて;系外惑星大気の調べ方―あの惑星はどんな世界なんだろう?;系外惑星とアストロバイオロジー―宇宙に生命の兆候を探す)

著者等紹介

成田憲保[ナリタノリオ]
1981年、千葉県生まれ。2008年、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員、国立天文台特任助教、東京大学大学院理学系研究科天文学専攻助教などを経て、2019年より自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター特任准教授。科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)。観測による系外惑星の発見や性質調査、系外惑星観測用の装置開発、アストロバイオロジーの学際的研究などに従事。日本惑星科学会最優秀研究者賞、日本天文学会研究奨励賞・同欧文研究報告論文賞、科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞、東京大学卓越研究員、国立天文台若手研究者奨励賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

地球のほかにも、生命を宿す惑星はあるのだろうか?
そのような惑星をどうやって探せばいいのだろうか?
理論と観測の両面から、系外惑星と地球外生命の探査の最前線を解説する!

地球外生命を探す場所として真っ先に思い浮かべるのは、火星や土星の衛星ではないだろうか――いずれも地球と同じ太陽系内の天体だ。しかし、宇宙には生命を探すべき天体がもっとたくさん存在する。

1995年、初めて太陽系外の惑星が発見された(その偉業を成し遂げたマイヨール博士とケロー博士は、2019年にノーベル物理学賞を受賞)。それは、地球から約50光年離れたペガスス座51番星のまわりをたった4日で公転する巨大なガス惑星だった。その後、世界中の天文学者が太陽系外の惑星(系外惑星)を探し、発見を報告してきた。その数は4000個を超えている。

最初の1個だけでなく、これまでに見つかった系外惑星の多くが、太陽系のどの惑星とも似ていない。不思議な軌道で公転する惑星がたくさん見つかっている。とすると、太陽系は特別な存在なのだろうか? また、どのような軌道を回る惑星であれば生命を育めるだろうか?

一部の系外惑星については、軌道だけでなく大気組成までも観測できるようになっている。そして、系外惑星の大気に生命活動の兆候を見つけようとする挑戦もはじまりつつある。「第二の地球」の発見は近い!

目次:
第 I 部 系外惑星探査小史――太陽系の理解から第二の地球の可能性まで
第1章 私たちのふるさと――天の川銀河、太陽系第三惑星、地球
第2章 最初の系外惑星が見つかるまで――挑戦、失敗、常識はずれの惑星
第3章 ケプラー計画がもたらした革命――画期的なアイデア、試練、膨大な発見
第 II 部 系外惑星探査の現在――探し方の進化と見えてきた世界
第4章 系外惑星の探し方――あの星に惑星はあるか?
第5章 系外惑星の多様性――事実はSFより奇なり
第6章 系外惑星が教えてくれたこと――太陽系は特別か? 地球は特別か?
第 III 部 第二の地球、発見前夜――ハビタブルプラネット探査とアストロバイオロジー
第7章 さらなる探査へ――第二の地球は見つかるか?
第8章 あの惑星はどんな世界なんだろう?――系外惑星大気の調べ方
第9章 系外惑星とアストロバイオロジー――宇宙に生命の兆候を探す

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件