講談社文芸文庫<br> 異邦の香り―ネルヴァル『東方紀行』論

個数:
電子版価格 ¥2,508
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
異邦の香り―ネルヴァル『東方紀行』論

  • 野崎 歓【著】
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 講談社(2019/07発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 48pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 521p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065166765
  • NDC分類 955
  • Cコード C0195

出版社内容情報

プルーストが、ブルトンが、サイードが愛した、《世界》文学の先駆者ネルヴァルの傑作紀行文を読む。

内容説明

ウィーン、カイロ、シリアを経てコンスタンチノープルへ。『東方紀行』は異国への憧憬と幻想に彩られながら、オリエンタリズムの批判者サイードにさえ愛された、遊歩者ネルヴァルの面目躍如たる旅行記であった。四十代で縊死、時を経てプルースト、ブルトンらにより再評価された十九世紀ロマン派詩人の魅力をみずみずしい筆致で描く傑作評論。読売文学賞受賞。

目次

遊歩への誘い
旅人が名前を失うとき
女の都
女神の島
迷路の中へ
逆説と真理
奇想のピラミッド
レバノンの一角獣
惑乱するカリフ
夢の波
地底世界とフロイト
幻想的家系図
寛容の帝国
蕩児の帰還
夜の果てへの旅

著者等紹介

野崎歓[ノザキカン]
1959・1・21~。フランス文学者。東京大学文学部仏文科卒業。同大学院博士課程中退。東京大学文学部教授を経て、放送大学教養学部教授。2000年、ジャン=フィリップ・トゥーサン作品の翻訳によりベルギー・フランス語共同体翻訳賞、2001年、『ジャン・ルノワール 越境する映画』でサントリー学芸賞、2006年、『赤ちゃん教育』で講談社エッセイ賞、2011年、『異邦の香り―ネルヴァル『東方紀行』論』で読売文学賞(研究・翻訳賞)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

114
ネルヴァル本人の『東方紀行』は未読。野崎氏による『ネルヴァル作東方紀行についての考察』。受ける印象は、東方のフェニミスムの神秘礼賛紀行的要素が強い。東方とは、フランスからみた東であり、ドイツ、オーストリアから始まり、トルコからシリア等の中近東まで。金髪の醸し出す美、布を纏った女性の魅惑、神を祭る祭式の神秘性。エキゾチックなエロシズム。ほぼ同時代の作家たち、バルザック、アポリネールなどとの対比にも頷くが、本質はまさにセンチメンタルジャーニー。男性の共感力があった方がこの世界に浸りやすいと思う。2019/10/22

刳森伸一

2
小ロマン主義作家ネルヴァルの旅行記『東方紀行』の評論。サイードが辛辣に批判するオリエンタリズムの最たるもののように思われる『東方紀行』が実はバランス感覚の取れた西洋批判の書でもあることを明らかにしつつ、ネルヴァルの興味と志向がどこにあったのかを追跡していくことで、『東方紀行』から豊かな世界像を抜き出していく様に掴まれた。専門的な評論でありながら、私のような素人が読んでも面白く、そしてなにより『東方紀行』が読みたくなる快著。2019/12/13

shrzr

0
ネルヴァルの頼りない魅力を描き出す。一年以上積ん読だったが、山陽本線を東に向かうのをきっかけに読み始め、ひとおもいに読了。2021/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14036550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。