生きながらえる術

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

生きながらえる術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年06月04日 22時39分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065156612
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

内容説明

行きづまる社会に、“空き地”をひらくためにデザイン、芸術、哲学、地域活動の“声”を聴く。

目次

1 かたちのレビュー(スバル360;ピース ほか)
2 “生存”の技術(小さな肯定;“支援”と“応援” ほか)
3 “始まり”に還る芸術(ブリコラージュの自由;哲学はアートとともに? ほか)
4 “探究”という仕事(ニッポンの哲人;ためのある思想)

著者等紹介

鷲田清一[ワシダキヨカズ]
1949年生まれ。哲学者。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得。大阪大学文学部教授、大阪大学総長、京都市立芸術大学理事長・学長を歴任。現在、せんだいメディアテーク館長、サントリー文化財団副理事長。現象学研究に始まり「臨床哲学」を提唱・探究する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件