講談社学術文庫<br> 古今和歌集全評釈〈下〉

個数:
電子版価格 ¥2,233
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社学術文庫
古今和歌集全評釈〈下〉

  • 片桐 洋一【著】
  • 価格 ¥3,190(本体¥2,900)
  • 講談社(2019/02発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 58pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 00時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 941p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065147429
  • NDC分類 911.135
  • Cコード C0192

出版社内容情報

1998年講談社刊『古今和歌集全評釈』を文庫判で完全再現。巻第十六以降(哀傷、雑、雑躰、大歌所御歌など)を収録。索引つき「古い和歌(=万葉集に入らない古い歌)」と「今の和歌」を集めた『古今和歌集』。「万葉集」以後、漢詩が主流となっていたわが国において和歌の再興を宣すべく、醍醐天皇の勅命により編纂された、最初の勅撰和歌集である。大部分の成立は延喜5年(905)4月18日、紀友則、紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑の撰による。撰者や六歌仙の作をはじめ、約1200首を収録。季節の歌、恋愛、別れ、怒りなど多種多様な収録歌は深い抒情と巧みな技法に溢れ、初の本格的な歌論とされる「仮名序」を含めて成立以来さまざまな解釈を喚起し、議論を呼び、後代の学芸に大きな影響を与え続けている。

冷泉家時雨亭文庫所蔵、嘉禄二年書写の藤原定家自筆本を底本とする、1998年講談社刊『古今和歌集全評釈』を文庫判で完全再現。詳細な通釈・語釈に、緻密な校異、さらに訳者の鑑賞・評論を加え、「古今」を楽しむうえで最高の手引き書となっている。
巻第十六から第二十まで(哀傷、雑、雑躰、大歌所御歌・神遊びの歌・東歌)墨滅歌、底本奥書を収録。異本歌集成、作者名・各句・事項それぞれの索引つき。

世の中は何か常なる明日香河昨日の淵ぞ今日は瀬になる(よみ人しらず)
我が庵は都の辰巳しかぞ住む世を宇治山と人は言ふなり――喜撰法師
睦言もまだ尽きなくに明けぬめりいづらは秋の長してふ夜は――凡河内躬恒

(全3巻)


片桐 洋一[カタギリ ヨウイチ]
著・文・その他

内容説明

平安初期の「よみ人しらず」時代、小野小町ら「六歌仙」の時代、紀貫之ら「撰者」の時代―約百五十年に亘ってよまれた「やまとうた」を撰んだ歌集は成立以来さまざまな議論を呼び、後世に強く影響を与えた。巻第十六から巻第二十まで(「哀傷歌」「雑歌」「雑躰歌」「大歌所御歌・神遊びの歌・東歌」)を収録のほか、作者名、和歌各句、事項の牽引付き。

目次

巻第16 哀傷歌
巻第17 雑歌上
巻第18 雑歌下
巻第19 雑躰歌
巻第20 大歌所御歌・神遊びの歌・東歌
墨滅歌
底本奥書
異本歌集成

著者等紹介

片桐洋一[カタギリヨウイチ]
1931年大阪市生まれ。京都大学文学部卒業、同大学大学院博士課程単位修得。専攻は中古文学。大阪女子大学学長、関西大学教授。現在、大阪女子大学名誉教授。文化功労者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。