絵でわかるシリーズ<br> 絵でわかるミクロ経済学

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり

絵でわかるシリーズ
絵でわかるミクロ経済学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月28日 00時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784065130551
  • NDC分類 331
  • Cコード C3333

出版社内容情報

公務員試験の最新傾向にも対応した新しい入門書。身近な例でミクロ経済学の概要をつかんだうえで、イラストでしっかり理解!ベストセラー著者が送る最新入門書。日常生活を例に、ミクロ経済学のおおまかな考え方をやさしく解説。概要がわかったうえで、イラストでしっかりイメージしながらすらすら理解!最新公務員試験の傾向も解析ずみ。

茂木 喜久雄[モギ キクオ]
著・文・その他

内容説明

予備知識ゼロでも大丈夫。カリスマ講師がノウハウを集大成した、「見てわかる」ミクロ経済学入門。

目次

第1部 街を歩いてミクロ経済学を観察しよう(機会費用について考えよう;限界費用について考えよう;「人件費」という固定費用はなかなか削減できなかった! ほか)
第2部 経済学を勉強するための準備(グラフは経済学の最大のツール;やりかたさえわかれば微分は超らくらく)
第3部 経済理論(生産者はどのように利潤最大の生産量を決定するのか?;どうして生産者はコスト削減に力を置くのか?;消費者はどのように効用最大の消費量を決定するのか? ほか)

著者等紹介

茂木喜久雄[モギキクオ]
1965年、北海道生まれ。早稲田大学大学院修了。大手公務員指導校などでの経済学の指導、米国リテイラーを経て独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。