講談社ラノベ文庫<br> カラフル―明日の君は、十二月のひまわり。

電子版価格 ¥550
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社ラノベ文庫
カラフル―明日の君は、十二月のひまわり。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 257p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065130438
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

この夏が、ずっと続けばいいのに――彼女は夏よりもまぶしく、輝いていた――。
幼稚園の頃に海外に引っ越した、幼なじみの少女・榊原叶恋。
俺が一人暮らしをすることになった高一の夏、叶恋は十一年ぶりに俺の前に現れた。
しかも、彼女はずっと俺のことが好きだったそうで、お嫁さんにしてくださいと言ってくる。
突然のことに驚きつつ、俺は叶恋と同棲することになった。
そして、日本に戻ってきたら、コスプレがしたかったと語る彼女。
俺はそんな叶恋に振り回されながらも、彼女の明るさに照らされた、楽しい日々を過ごしていく。
だが、彼女の帰国の背景には、とある重大な秘密があって……!? 
幼なじみの少女との、切なくて甘い、きらめく夏の物語――開幕!

椎月 アサミ[シイヅキ アサミ]
著・文・その他

蜜桃 まむ[ミツモモ マム]
イラスト

内容説明

彼女は夏よりもまぶしく、輝いていた―。幼稚園の頃に海外に引っ越した、幼なじみの少女・榊原叶恋。俺が一人暮らしをすることになった高一の夏、叶恋は十一年ぶりに俺の前に現れた。しかも、彼女はずっと俺のことが好きだったそうで、お嫁さんにしてくださいと言ってくる。突然のことに驚きつつ、俺は叶恋と同棲することになった。そして、日本に戻ってきたら、コスプレがしたかったと語る彼女。俺はそんな叶恋に振り回されながらも、彼女の明るさに彩られた、楽しい一夏の日々を過ごしていく。だが、彼女の帰国の背景には、とある重大な秘密があって…!?幼なじみの少女との、切なくて甘い、きらめく夏の物語―開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

32
一人暮らしをすることになった高一の夏、十一年ぶりにミコトの前に現れた幼稚園の頃に海外に引っ越した幼馴染・叶恋。短期留学で日本にやってきた彼女と同じ部屋で同棲する物語。コスプレだったりミコトとと一緒の学校に通ったり楽しい日々を送る彼女が隠す秘密と、そんな彼女の登場に危機感を抱くもうひとりの幼馴染・来夢。ストーリーとしては叶恋の抱える秘密にどう向き合うのかという分かりやすい構図で、方向性が見えているだけに展開にあまり意外性はなかったですが、一途な叶恋のために奮闘するミコトが迎えた結末はなかなか良かったですね。2018/08/02

ぶなぶな

11
蜜桃まむさんのイラストに吸引されました。一人暮らしをすることになった主人公の下に、海外に移っていた幼稚園の頃の幼馴染がやってきて始まる恋愛物語。とても良かったです。誰もが夢見るであろうというか私が夢見たシチュエーションと甘々なラブラブ生活には読んでいてニヤニヤしっぱなしでした。叶恋が可愛すぎる。仲睦まじい様子がじっくり描かれる分、叶恋の抱える秘密は予測がつくものの辛いものがありました。ちょっとあっさりしてるとも感じましたが、奇をてらわないストーリーで、二人を迎える幸せな結末は純粋に良かったと思えました。2018/08/04

真白優樹

10
高校最初の夏休みに一人暮らしを始めた少年が、英国に転校した幼馴染と再会し始まる物語。―――あの日の想いが追いつく時、止まっていた時間が動き出す。 これは純粋で真っすぐな恋のお話。そして想い合う二人の愛が、運命を越え奇跡を起こすお話。 突然の同棲から始まる甘い生活、そんな非日常の中で絆は重なり、心は近づく。純粋で真っすぐで初々しく甘い、そんな心を打つ恋物語であり静かに心に沁み入って来る余韻が素晴らしく感じる物語である。運命を越え、掴んだ未来のこれからは2人でどこまでも。 ☆☆☆。うん、最高に面白かった。 2018/08/03

ツバサ

4
良かったね。と思う作品でした。2018/08/24

びぜんや

4
絵師買い。実にオーソドックスで教科書通りの作品だなぁ、というのが感想ですね。ストレスなく読めるのはいいんですが、オーソドックスすぎて早々に先が見えてしまうのが残念。見せ場もちょっと少女趣味に寄った感じですし、全体的に大人しすぎるという感じがして、ラノベ的にはどうなのかな、という気がします。もの分かりのいい子のようで実は強引なところが魅力の叶恋ちゃんのキャラクターと、蜜桃まむさん描くヴィジュアルを堪能する方向で。★★☆☆☆2018/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13021439

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。