講談社文庫<br> 呉越春秋 湖底の城〈7〉

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

講談社文庫
呉越春秋 湖底の城〈7〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月21日 01時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 271p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065129760
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

范蠡(はんれい)は、いかにして出世の階段を上り詰めたのか? 呉の英雄・伍子胥の宿敵であり越の英雄・范蠡の知られざる半生を描く楚の出身である范蠡(はんれい)は十二歳の時、家族と住居を盗賊の襲撃により失った。奇跡的に難を逃れた彼は、父の親族がいる越の会稽へ移り住み、賢者・計然のもとで学ぶ。ここで親友の種(しょう・後の大夫種)と出会い、優秀な二人は二十代半ばにして太子・句践(くせん)の側近に抜擢される。やがて、越に呉が攻め入ると、范蠡は策略をめぐらし越を救う存在となるのだった。謎多き忠臣を活写する、中国大河歴史ロマン第7弾!

宮城谷 昌光[ミヤギタニ マサミツ]
著・文・その他

内容説明

超大国の楚を征服していちどは南方の雄となった呉が越を潰しにくる。先君の喪に服していた句践が姿を現し、無援で戦うと宣言。勝機はあるかと周囲に問われた近臣の范蠡はいう。「伍子胥は鬼才ですが軍政の長ではありません。孫武のころとくらべれば、威力は半減しています」春秋戦国時代絵巻、新たな范蠡篇へ!

著者等紹介

宮城谷昌光[ミヤギタニマサミツ]
1945年愛知県蒲郡市生まれ。『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を、『重耳』で芸術選奨・文部大臣賞を、『子産』で吉川英治文学賞を受賞。中国古代に材をとった歴史ロマンの第一人者。2006年に紫綬褒章、’16年に旭日小綬章を受章した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

98
このシリーズも忘れてしまっています。伍子胥の篇が終わって、宮城谷さんが本当は最初に書きたかった范蠡の話になりました。幼少のころから書いていて、有名な西施も生まれた頃の話が出てきます。ただやはり読んでいて1年に1作読むのではなく、すべて(全9巻でハードカバーでは終了)出た時点でまとめて読む方がいいと感じています。2019/01/25

キジネコ

49
この物語も随分と長い話になりました。読み物として、史実逸話もふんだんに盛り込まれていて楽しいのですが初期の宮城谷作品の圧倒的な重量感に魅入られた読者には些か食い足りない様な気が致します。楚の大敗の後、呉の孫武が逝き、伍子胥の復讐心という強烈なベクトルの消えた戦勝国に、楚と同じ轍を踏む憂き目が病痾の如く待ち受けていました。主役は、越国范蠡に移り中国史に輝く四大美女の一人、西施も再登場。父王を越との戦傷で失った呉の新王が再び復讐心を滾らせて越に挑む次巻。果たして…。王や専権者の器量の弊は民の苦衷だと云う御話。2019/10/22

てんつく

19
宮城谷さんの筆にかかると范蠡も爽やかで才能豊かな好人物。越の国で頭角を現しつつある彼の活躍が楽しみ。宮中で再会した西施との関係をどうするのかもちょっと期待です。2019/02/18

ひ ろ

18
★★★★☆ 恩義ある 越 を守ろうとする范蠡がこの巻の主人公。それに対し、敵対する 呉 をここまで支え育ててきた伍子胥。うわわ、どうしよ。どちらも応援したくなるではないか。決戦が迫る中、激しい諜報戦が繰り広げられる。 早く八巻が読みたい!2018/10/08

garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠

15
病院待ち時間中読了。速読。物語もある意味佳境に入り面白い。今回も、愉しめました。ありがとうございました。2020/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13102316

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。