講談社文庫<br> 総司の夢

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

講談社文庫
総司の夢

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月21日 17時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 493p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065129302
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

俺はね、夢を見たことがないんです。
新選組一番隊組長・沖田総司。江戸の一道場の塾頭だった若者は、時代の急流の中で京に上り、幕末随一の剣士となっていく。仲間と語らい、笑い、涙し、人を斬る。なぜ俺は人斬りなのか。自らに問いながら、沖田は最強の男――鬼の正体を探す。著者渾身の、沖田一代記。

内容説明

俺はね、夢を見たことがないんです。新選組一番隊組長・沖田総司。江戸の一道場の塾頭だった若者は、時代の急流の中で京に上り、幕末随一の剣士となっていく。仲間と語らい、笑い、涙し、人を斬る。なぜ俺は人斬りなのか。自らに問いながら、沖田は最強の男―鬼の正体を探す。著者渾身の、沖田一代記。

著者等紹介

小松エメル[コマツエメル]
1984年東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒業。2008年、あさのあつこ、後藤竜二両氏が選考委員を務めるジャイブ小説大賞で、初の大賞を受賞し、デビュー。デビュー作の明治人情妖怪譚『一鬼夜行』シリーズなどで人気を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Die-Go

50
文庫版にて再読。新選組一番隊組長沖田総司が追い求める"鬼"の正体とは。総司のどこか鬱屈した心証風景が今までの彼のイメージとは違い、新たな発見がある。著者の『夢の燈影 新選組無名録』を読んでおくと、話の流れが掴みやすく、またオーバーラップしているところが楽しめて良いかと。★★★★☆2020/06/22

けやき

37
新選組沖田総司の物語。剣にしか興味のなかった総司は幕末京都を生き、何を思い、何を得たのか? 死の際に去来した鬼の正体とは? 面白かったです。2020/05/09

ユメ

31
総司は夢を見たことがない。将来の夢も、眠る最中に見る夢も。総司の望みはただ剣を握り続け、近藤についてゆくことだけ。そんな感情の一部がぽっかりと欠落した総司は、新選組一番組頭として剣をふるううちにどう変わってゆくのか。総司が最初で最後に見た夢に、痛いほど胸を締めつけられた。彼の胸中で、自覚ないままずっと情熱は燃えていたのだ。総司の胸を焦がした、試衛館以来の仲間たちとの関係性の描き方がとてもよい。殊に、土方との複雑かつ特別な絆が印象深かった。仲間に囲まれて短い生涯を駆け抜けた総司。彼は決して孤独ではなかった。2019/07/22

KT1123

5
オーソドックスな新選組沖田総司視点の物語。オーソドックスな展開だけど、総司はけっこうモノ考えている(笑)2019/06/04

ワンモアニードユー

5
中盤くらいまでは、どうにも先人たちの新選組像を振り切れないと感じてました。正直、手を出したのも失敗かなというくらいに。芹沢の描き方は新しかったが、そこまで拘るほどの描写にもなってないと思い、ダラダラと読み進めました。しかし、創作部分の女性が出てきたころから、物語の厚みが一変。怒涛の展開のまま、怪我をした近藤との船旅部分が圧巻。そしてラストはまさに見事の一言。TV版新選組血風録が下敷きになってるようですが、このラストは従来の沖田物の最高峰と言える。やるなあ、小松エメル。2019/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13500214

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。