講談社コミックス 別冊フレンド<br> さくらと先生 〈vol.5〉

電子版価格 ¥462
  • 電書あり

講談社コミックス 別冊フレンド
さくらと先生 〈vol.5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 176p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065127513
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

藤春先生と遠くへ出かけたさくらは、誰もいない海辺で先生とキスをします。帰らなきゃと促す先生だけど、帰りたくないさくらは!?藤春先生と遠くへ出かけたさくらは、誰もいない海辺で先生とキスをします。
「帰らなきゃ」と促す先生だけど、帰りたくないさくらは、近くのショッピングモールに先生を誘います。          普通のカップルのように楽しく過ごす2人。                                              帰りのバスの時間が近づき、2人は卒業するまでの約束を交わします。                            そしてさくらは3年に進級し、その約束は守られたかのように思えたけれど…!?
こんなリアルな先生と生徒の恋、今までみたことない! 「別冊フレンド」にて大ヒット連載中☆
桜舞う坂道で恋をした。先生に片想いラブストーリー、最終巻!


藤春先生と遠くへ出かけたさくらは、誰もいない海辺で先生とキスをします。帰らなきゃと促す先生だけど、帰りたくないさくらは、近くのショッピングモールに先生を誘います。普通のカップルのように楽しく過ごす2人。帰りのバスの時間が近づき、2人は卒業するまでの約束を交わします。そしてさくらは3年に進級し、その約束は守られたかのように思えたけれど!? 先生に片想いラブストーリー、最終巻!    

蒼井 まもる[アオイ マモル]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よう

4
全巻通じて きゅん、というより きゅうううっと胸が苦しくなった。さくらと藤くんの嬉しそうな場面でさえも、微笑ましいのにどこか切ない。でもそれがすごく良くて、甘酸っぱいって、これかも いやこれだよ、と噛み締めていた。さくらもルナも瀬戸くんも藤くんも、みんな大好きだ。学年が上がるごとに駆け足で過ぎていったけど、自分の時もそうだったのかもしれないな。さくらが大学生になった後日談とか、読みたいです。この作者さんの他の作品も読みたいです。2019/03/10

チューリップ

3
一緒に出掛けてからこれからの学校生活での線引きをして卒業まで過ごすの、お互いに相手が好きだからこそちゃんと節度ある感じで好感持てる。さくらが進学で悩んでいて、先生もその事を知ったけどアドバイスとか声をかける事をしないでさくら自身にちゃんと考えさせて選択させているの良かったな。最後のご褒美が部屋の鍵なのが凄かった。卒業後の様子もちょっと見たかったな。2021/02/04

しーさん

3
5巻完結。さくらが藤春先生のこと、気になってから気持ちの変化もきちんと描かれてる。学校行事も楽しめて、ハラハラもドキドキもして。3年生は駆け足だったけど、ふたりはこれから始まる。卒業おめでとう。2019/02/01

さとなかミムラ

1
ここ最近の中では一番!先生との恋愛モノって何だか現実離れしていてそんなに好きじゃなかったけど、これは良かった。とことん2人の控えめなやりとりに終始し全くドロドロしない。自転車と学校へ続く坂道を中心とした季節の移り変わりの描写が美しく、無駄なセリフがなくて表情でそれぞれの想いを語らせる。2人にならない、必要以上に話さない、連絡を取り合わないなどおよそ付き合ってるとは思えないような約束の元、先生もさくらも3年間本当によく頑張ったなあと最終話は泣けました。もっと人気があってもいい作品だと個人的には思います。2018/11/29

ちき

0
真面目でとってもいい子な明るい、割と多数派?な普通な女の子。本当に普通?な女の子が主人公。現実にいそうな、そんな普通にいい子が主人公だから意地悪な子も出てこない。先生も普通に生徒と仲のいい先生って感じで、学校にいそうな感じ。そんな普通な子が普通な先生を一途に誠実に一生懸命に想って高校3年間で愛を育む物語だなぁと。セリフのないコマに愛が感じられるのも素敵できゅーーーーーんっとなります。そして、読者の想像力をかき立てるような終わり方で素敵でした。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13064212

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。