講談社タイガ<br> 探偵が早すぎる〈上〉

個数:
電子版価格 ¥759
  • 電書あり

講談社タイガ
探偵が早すぎる〈上〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 278p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940719
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

犯罪防御率100% 事件を未然に防ぐ探偵!完全犯罪から少女を守れ。探偵が人を殺させない、傑作倒叙ミステリ!『その可能性はすでに考えた』の著者が仕掛ける究極の逆転劇!

父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。
それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵! 完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?
史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

プロローグ
第1話 ヘビースモーカー
第2話 毒蜘蛛
第3話 カボチャと魔女
第3.5話 決戦前夜


井上 真偽[イノウエ マギ]
著・文・その他

内容説明

父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

著者等紹介

井上真偽[イノウエマギ]
東京大学卒業。神奈川県出身。『恋と禁忌の述語論理』で第51回メフィスト賞を受賞。『聖女の毒杯その可能性はすでに考えた』にて、再び各種のランキングを席巻し、「2017本格ミステリ・ベスト10」第1位となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

338
殺人事件が起きる前にトリックを解明し、事件を起こさないばかりか、そのトリックをそのまま犯人にお見舞いする必殺技「トリック返し」を駆使する異色のミステリー。買ってから気づいたが、前々から気になっていた『その可能性はすでに考えた』の人だったらしい。思ったよりもライトな文体とポップなキャラクターで、ギャグも多く、非常に読みやすい。しかも、状況設定そのものは古典的な日本のミステリーにありがちな遺産相続にまつわる同族殺し……というのがなかなかシニカル。下巻を早く読みたい。2017/05/26

nayu

181
探偵が早すぎる。   そしてトリック返し。  洞察力、観察力、先見力。   探偵が早すぎる。 2017/08/06

ダイ@2019.11.2~一時休止

136
事件前に解決する探偵もので北山さんの作品が思い出させるような設定です(探偵の設定は全然違いますが)。下巻は狩場なのか楽しみです。2017/06/12

bookkeeper

135
★★★★☆ 初読。5兆円(!)の遺産を相続した女子高生の一華。それを狙って大陀羅家と彼らに雇われた殺し屋が忍び寄るが、一華はその恐ろしい陰謀をほとんど知ることが無い。なぜなら、雇われた探偵が全て未然に計画を潰してしまうから…。  事件を解決するのではなく発生させない。これぞ究極の名探偵!緻密な完全犯罪計画から、無垢な兄妹まで、あらゆる暗殺計画をいかに予兆から見抜くかがキモなのだが、こんなミステリは思い付けなかったよ。面白い!もはやコメディの域か…。 「君は『完全』という言葉の意味をまったく理解していない」2020/08/05

hnzwd

121
実業家であった父親の遺産を継いだ主人公。その遺産を狙って主人公の命を狙う義理の親戚達と、家政婦に雇われた探偵の対決がメインストーリー。重めの話をさらっとライトに描いていますが、、事件が発生する前に謎を解決するというスタイルは新しい。謎解きもロジカルで好み。下巻も続けて読みますー。名探偵ポアロですら、事件解決のためにもう一回宝石泥棒が発生するの待ったのに。。2017/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11703481

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。