講談社タイガ<br> 神さまのビオトープ

個数:
電子版価格 ¥554
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社タイガ
神さまのビオトープ

  • 凪良 ゆう【著】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 講談社(2017/04発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 35pt
  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2021年11月28日 15時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940672
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

夫の幽霊と暮らすうる波を取り巻く、秘密を抱えた彼ら。世界が決めた「正しさ」から置き去りにされた人々へ、救済の物語。うる波は、事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らしている。彼の存在は秘密にしていたが、大学の後輩で恋人どうしの佐々と千花に知られてしまう。うる波が事実を打ち明けて程なく佐々は不審な死を遂げる。遺された千花が秘匿するある事情とは? 機械の親友を持つ少年、小さな子どもを一途に愛する青年など、密やかな愛情がこぼれ落ちる瞬間をとらえた四編の救済の物語。

プロローグ 秘密I
アイシングシュガー
マタ会オウネ
植物性ロミオ
彼女の謝肉祭
エピローグ 秘密II


凪良 ゆう[ナギラ ユウ]
著・文・その他

内容説明

うる波は、事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らしている。彼の存在は秘密にしていたが、大学の後輩で恋人どうしの佐々と千花に知られてしまう。うる波が事実を打ち明けて程なく佐々は不審な死を遂げる。遺された千花が秘匿するある事情とは?機械の親友を持つ少年、小さな子どもを一途に愛する青年など、密やかな愛情がこぼれ落ちる瞬間をとらえた四編の救済の物語。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

424
人がそれぞれに思う幸せの形は異なります。他の人からすれば奇妙奇天烈なことでも、その人にとっては大切なこと、その人の心の内に形作られるその人だけの世界はあります。人それぞれの世界の中で完結する限りにおいては、誰も誰かを否定することなどできません。心の拠り所は人それぞれです。それは相手のことを思う時も同じです。それぞれがそれぞれの形で相手を思い、思われる、それが私たちが生きるこの世界。そう、その世界こそが神さまが私達に用意してくれた『ビオトープ』なのかもしれない、そんな風に感じた不思議な感情の残る作品でした。2021/03/17

三代目 びあだいまおう

424
ビオトープ:安息の地。神様が御座します場所とでも解釈できそうなタイトル。この素敵な作品を表すにふさわしいタイトルですね。結婚して間もなく夫を事故で喪ったうる波。葬儀を終えて消沈する彼女の前に、亡くなった筈の夫の姿が!端から見たら狂ったとしか思われないような状況、うる波は愛する夫の姿と仲良く暮らす。様々な愛のかたち、人知れぬ恋心。周りの常識と違うことへの悩みや覚悟。いいじゃん‼️だいたい他人と同じを求めること自体がおかしい!違っていて当たり前。幸せを他人と比べてどうする?それはあなた自身が決めること‼️🙇2020/08/23

よつば

394
「アイシングシュガー」「マタ会オウネ」「植物性ロミオ」「彼女の謝肉祭」4話収録の連作短編集。『流浪の月』ですっかり心酔してしまった凪良さん、本作も良かった。全篇を通して感じたのは垣根のない愛。事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らす主人公・うる波の周囲で起こる4つのエピソードを通して幸せの意味を改めて考えさせられる。誰かに強制されたわけでもないのに勝手に枠の中に入り、無意識に世間に縛られている自分に気付く。同じ人間が一人もいない様に愛のカタチがいくつあっても良い。人を肯定する優しさと慈愛に満ちた物語。2020/02/18

ウッディ

379
事故で亡くなった夫「鹿野くん」の幽霊と暮らす「うる波」、二人分の食事を作り、他人からは見えない夫に語りかけるうる波に、同情という名のお節介を焼く周囲の人々と大好きな人と一緒にいられる幸せを感じる主人公とのギャップが物語の核になっている。誰もが胸に抱え、他人に理解してもらえない秘密がある。幽霊の鹿野くんは何をしてくれる訳ではないけれど、ただ自分の傍にいてくれるだけでいい。そんな二人の会話が軽妙で、お互いへの深い愛情も感じられ、いつまでもこの物語の世界に浸っていたいと思った。面白かったです。2021/10/06

美紀ちゃん

361
ABCDEFという6人がいる。ABCDEの5人の命を助ける代わりに、Fの命を捧げよと言われたらどうする?より多くの人命を守る。大事な人を1番に守る。この2つは両立しない。ずっと鹿野くんに生きていて欲しかったという本音がやっと言えたうる波さん。秋くんは春クンを生き返らせたら、その次にうる波さんの旦那さんのロボットを作ると約束してくれた。連作短編集。どれもとても良かった。酒井先生の器は小さすぎてひどい。大学受験前の大切な時期に腕を骨折してしまった安雲くんお大事に。そしてお幸せに。凪良ゆうさん、とても良い!2020/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11601681

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。