講談社タイガ<br> 異端審問ラボ―魔女の事件簿〈2〉

個数:
電子版価格 ¥712
  • 電書あり

講談社タイガ
異端審問ラボ―魔女の事件簿〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年09月30日 15時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 238p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940320
  • NDC分類 913.6

内容説明

門が開くと人が死ぬ―。外界から隔離された天蓋の中で完全に管理された生活をおくる千鳥と鶇、そして鳶の三人。年に一度、遠く離れて暮らす家族とカードを送り合うイベントで皆がわき立つ中、次々と不審な事件が発生する。水のない街中で起きた溺死事件。火の気のない場所で火傷のような症状で息絶えた死体の謎。頻発する小火騒ぎ。不気味な噂と不可解な事件の関係とは…!?

著者紹介

高里椎奈[タカサトシイナ]
1976年生まれ。1999年、『銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

水のない街中で起きた溺死事件。火の気のない場所で火傷のような症状で息絶えた死体の謎。不気味な噂と不可解な事件の関係とは!?ゲートが開くと人が死ぬ――。
外界と遮断されたドームの中で完全に管理された生活をおくる千鳥と鶫、そして鳶の三人。年に一度、遠く離れて暮らす家族とカードを贈り合うイベントで皆がわき立つ中、次々と不審な事件が発生する。水のない街中で起きた溺死事件。火の気のない場所で火傷のような症状で息絶えた死体の謎。頻発する小火騒ぎ。不気味な噂と不可解な事件の関係とは・・・・・・!?

高里 椎奈[タカサト シイナ]
1999年、『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。