講談社タイガ<br> 晴追町には、ひまりさんがいる。―恋と花火と図書館王子

電子版価格 ¥792
  • 電書あり

講談社タイガ
晴追町には、ひまりさんがいる。―恋と花火と図書館王子

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 302p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062940276
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

盗まれた花火と、切ない恋の行方は?優しい謎が住む町に、新たな季節が巡りだす。盗まれた花火と、切ない恋の行方は?優しい謎が住む町に、新たな季節が巡りだす。
夏祭り花火の目玉”虹のエール”三百玉が消失! 現場には、『ごちそうさまでした』と書かれた、犬の足跡つきの紙が……!
事件に遭遇した大学生の春近は、どんな謎もきれいにしてくれるひまりさんに相談を持ちかける。電話ボックス落書き事件、町のアイドル・図書館王子の恋心、傷ついた少年の秘密――晴追町の優しくも不思議な事件を、春近は彼女と解決に乗り出すが……?

第一話 憧れの物語 恋する春近が、犬を連れた人妻の誕生日を祝うこと
第二話 長崎から来たお嬢さんが気になる話?または、海色のサンダルのひまりさんとデートをしたい話
第三話 図書館王子と人妻のロマンスのこと
おまけの小話 九月十日?図書館王子と長崎帰りのお嬢さんの邂逅
第四話 有海さんが、魔性の人妻と浮気する話?
おしまいの小話 春近がはじめて空を飛んだ日


野村 美月[ノムラ ミヅキ]
著・文・その他

内容説明

夏祭り花火の目玉“虹のエール”三百玉が消失!現場には、『ごちそうさまでした』と書かれた、犬の足跡つきの紙が…!事件に遭遇した大学生の春近は、どんな謎もきれいにしてくれるひまりさんに相談を持ちかける。電話ボックス落書き事件、町のアイドル・図書館王子の恋心、傷ついた少年の秘密―晴追町の優しくも不思議な事件を、春近は彼女と解決に乗り出すが…?

著者等紹介

野村美月[ノムラミズキ]
2001年、『赤城山卓球場に歌声は響く』第3回ファミ通エンタテインメント大賞(現・えんため大賞)小説部門最優秀賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

54
汚い感情を描いたとしても、その筆がほわほわっとしていて、絶対にどこかに救いがある。このシリーズ、好きです。次巻も楽しみにお待ちしています。2016/07/05

よっち

49
夏祭り花火の目玉「虹のエール」三百玉消失、電話ボックス落書き事件、町のアイドル・図書館王子の恋心、傷ついた少年の秘密など、優しい謎が住む町のシリーズ第二弾。街の人が皆仲良しの晴追町は人によっては息苦しいと感じる場所でもあって、ままならない想いを抱える人々のために奔走する春近と、彼の相談に優しい回答を導き出すひまりさんとの距離感が相変わらずいいですね。彼女のふとした言動に一喜一憂する春近だからこそ、有海さんへの変わらない一途な想いを何度も目の当たりにするのは切なかったです。急展開で次巻がとても楽しみですね。2016/04/18

た〜

44
ひまりさん、ちょっと危ない人?な、有海さんに対する偏愛、いやヘン愛ぶり。ある意味淡々と進んできたかと思われた話がラストで一気に激動に向かう、というところで終了。次巻でどんな展開が待ち構えているのだろう2016/04/21

Yobata

42
ひまりさん,第2弾。夏祭りの目玉花火“虹のエール”の紛失騒ぎ,巴崎の友人による(?)電話ボックス落書き事件,晴追町のアイドル・図書館王子とひまりの関係,有海さんの浮気(?)と傷ついた少年の4話。まだまだ晴追町のお節介で心優しい住人達が新登場する中で、巴崎の親友である優世は、逆にこのお節介すぎる晴追町が嫌いだという立場で登場。みんながみんな好んでるものはない…として確かに存在するだろうアンチを出すも、本質は晴追町の皆と変わらない心を葛藤よく描かれてるのはさすが。葛藤の末の巴崎との共感の友情にはジンときた。→2016/04/18

はな

41
図書館本。1巻目よりもさらに読みやすいイメージでした。住んでいる人たちのやさしさだったり繋がりがとても温かい気持ちになれます。ただ、ずっとそこで生活していると、時には息苦しくなるのかなとも思えました。葛藤しながらどうしたいのかが出てきて、周りもそれを温かく見守ることができる環境であるのはうらやましいと思う。主人公のひまりさんへの思いは成就できるのか??謎だらけの旦那さんのエピソードもちらほら出てきて、空想の人物ではないんだなと思いながら、この恋はどうなるのだろうかと思いました。2016/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10690642

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。