PHP新書<br> 自由のジレンマを解く―グローバル時代に守るべき価値とは何か

個数:
電子版価格 ¥730
  • 電書あり

PHP新書
自由のジレンマを解く―グローバル時代に守るべき価値とは何か

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 286p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569829678
  • NDC分類 369
  • Cコード C0233

内容説明

「自己責任」の時代だからこそ貧困対策が必要である。個々人の自由の対立、文化や宗教の多様性…マルクスやセンを手掛かりに、新しい時代の「自由」を問う。

目次

第1章 責任のとり方が変わった日本社会
第2章 「武士道」の限界
第3章 リベラル派vs.コミュニタリアン
第4章 リバタリアンはハイエクを越えよ
第5章 自由と理性
第6章 マルクスによる自由論の「美しい」解決
第7章 「獲得による普遍化」という解決―センのアプローチをどう読むか
第8章 疎外のない社会への展望

著者紹介

松尾匡[マツオタダス]
1964年、石川県生まれ。87年金沢大学卒業。92年、神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。久留米大学経済学部教授を経て、2008年より立命館大学経済学部教授。専門は理論経済学。07年、論文「商人道!」により第三回「河上肇賞奨励賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

自己責任論が主流になる社会で、福祉はなぜ正当化されるのか。この時代の「自由」の本質とは。マルクスやセンの理論を問い直す。

【著者紹介】
立命館大学経済学部教授

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件