• ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
福島の文学―11人の作家

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 359p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062902243
  • NDC分類 918.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

草野心平、島尾敏雄、埴谷雄高――多くのすぐれた文学者を生んだ福島県。出身作家11人の作品を精選した、他に類を見ない作品集。

2011年3月11日、東日本大震災による被災・福島第一原発事故に伴う故郷喪失の悲劇は、続いている。
福島を故郷としている作家の、福島への思いを、その自然の豊かさと、文学の息吹を精選。
草野心平・水野仙子・久米正雄・宮本百合子・中山義秀・東野邊薫・吉野せい・斎藤利雄・真船豊・島尾敏雄・埴谷雄高。
一一人の作家による福島の精神を伝える作品集。

内容説明

二〇一一年三月一一日、東日本大震災による被災・福島第一原発事故に伴う故郷喪失の悲劇は、続いている。福島を故郷としている作家の、福島への思いをその自然の豊かさと、文学の息吹を精選。一一名の作家による福島の精神を伝える作品集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うーちゃん

1
原発事故が無ければ編まれなかった短編集だろうが、収録作は原発とは無関係で、戦前・戦中を描いた作品が大半。読みやすく面白い作品が意外に多かった。恥ずかしながら水野仙子、東野辺薫、斉藤利雄、真船豊の4人は名前すら知らなかった。特に東野辺は芥川賞を満場一致で獲っていたとは……その受賞作「和紙」が本書には収録されているが、これは本当に良い作品。和紙作りには門外漢の私にも、手作業の様子が目に浮かぶように描かれている。残念なのは編者の宍戸芳夫の略歴が無かったこと。なぜこれほど福島の文学に造詣が深いのか分からなかった。2015/11/28

YY

0
「和紙」が職業やら家族やらを上手に描いていて一番良かった。そのほか、草野心平の詩は風土や雰囲気、「水芭蕉」は景色と感情の美しさのマッチが印象的だった。2014/08/13

隠居

0
「和紙」が秀逸、あとは破綻気味。それにしても「水芭蕉」はこれを読んだら登山嫌いになるという点では希有な作品かも。2014/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7913768

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。