講談社文芸文庫<br> 飛魂

個数:
電子版価格 ¥1,672
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
飛魂

  • 多和田 葉子【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 講談社(2012/11発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 01時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 265p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062901734
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

虎使いとなるため、師とともに人里離れた森の中の寄宿舎で修行を続ける女性達の深遠なる精神の触合いを描いた作品。他短篇4作収録。虎使いとなるため、師とともに人里離れた森の中の寄宿舎で修行を続ける女性達の深遠なる精神の触れ合いを描いた作品。他短篇4作収録。

●飛魂
●盗み読み
●胞子
●裸足の拝観者
●光とゼラチンのライプチッヒ

飛魂
盗み読み
胞子
裸足の拝観者
光とゼラチンのライプチッヒ
著者から読者へ


多和田 葉子[タワダ ヨウコ]
著・文・その他

内容説明

ある朝突然やってくる虎、一生現れないかもしれない虎。古より虎を待ち続ける人は数多く、その道を究めたいと願う。若い女たちは女虎使い・亀鏡の弟子となるため家を捨て森の奥深くにある奇宿学校へと向かうのであった。そしてわたし梨水も入門の承諾を得る手紙を送り…。表題作に「盗み読み」「胞子」「裸足の拝観者」「光とゼラチンのライプチッヒ」の短篇を加えた作品集。

著者等紹介

多和田葉子[タワダヨウコ]
1960・3・23~。小説家、詩人。東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。ハンブルク大学修士課程修了。1982年よりドイツに住み、日本語・ドイツ語両言語で小説を書く。91年、「かかとを失くして」で群像新人文学賞受賞。93年、「犬婿入り」で芥川賞受賞。96年、ドイツ語での文学活動に対しシャミッソー文学賞を授与される。2000年、「ヒナギクのお茶の場合」で泉鏡花文学賞を受賞。同年、ドイツの永住権を獲得。また、チューリッヒ大学博士課程修了。03年、「容疑者の夜行列車」で伊藤整文学賞、谷崎潤一郎賞受賞。05年、ゲーテ・メダル受賞。09年、早稲田大学坪内逍遙大賞受賞。11年、「尼僧とキューピットの弓」で紫式部文学賞、「雪の練習生」で野間文芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

176
虎は、いわば錬金術の賢者の石である。物語全体を覆うムードは、中国神仙譚の趣きであり、そこには終結点がない。まさに錬金術なのだから。今回の多和田葉子の文体は、漢字の持つ表意性を最大限に生かしつつ、同時に逸脱することで新しい意味の相を担わせようとするものである。そもそも表題の「飛魂」にしてからが、造語である。漢字であるがゆえに意味の了解は可能だが。その一方で、例えば「幽密」なる言葉が登場するが、コンテキストに置かれて初めて了解可能な言葉だ。漢字の持つ造語性を用いた、言葉と意味の解体の実験的小説と言うべきか。2014/12/03

KAZOO

105
この作品も不思議な雰囲気をかもし出しています。多和田さんの作品はかなり難しそうな意味を持っていると感じるのですが、私はいつもその世界に連れて行ってくれるので嫌いではありません。ただ読者によってはかなり好き嫌いが出るのかもしれません。中国のある場所が舞台なのでしょうが、すじというよりも言葉自体が楽しめます。中島敦の雰囲気を思い出しました。2018/03/20

zirou1984

49
日本語とは表音文字であると同時に表意文字である。正確に言えば、全ての文字は音を持つが、漢字は加えて意味を持っている。では、意味を持ちながらその言葉から音を取り去ってしまったらどうなるだろうか?梨水や亀鏡、朝鈴といった読み名を定められぬ者どもは女子寄宿学校での隠遁した生活と相まって、その実態はとても儚げでおぼろげだ。しかし著者の編む比喩と表現はとても美しくみずみずしく、そして肉感的でもある。思弁と実体がゆるやかに溶け合ってゆく快楽、言葉に酔い痴れることの喜び。読書の持つ豊潤さがここには見事に実っている。2015/03/04

yumiha

34
どんだけ言葉が好きやねん、多和田葉子。音の響き、持ち合わせてきた意味にプラスして、映像として動き出す漢字。それを「字霊」と呼ぶ。現代川柳家には、意味を嫌う「コトバ派」がいるらしいが、多和田に比べれば、まだまだコトバを解き放ってはいない。配合とか取り合せとか、コトバどうしの化学反応を楽しむレベルだと思ふ。また、多和田自身による造語も頻出。もちろん辞書は役立たないし漢字変換にも手間取る。そうやってイメージ先行しながら、亀鏡という師のもとに集い、「虎の道」を究める子妹(子弟ではなく)の日々が描かれる。 2019/06/27

三柴ゆよし

29
ある日、枕元にあらわれた虎の道を究めるべく、女たちは家を捨て、女虎使い・亀鏡の弟子となる。森の奥深くにある女たちの寄宿学校での不思議な生活を描いた一種のファンタジーであり、三百六十巻にも及ぶ長大な書を紐解き続ける生活を覆そうとする革命分子の陰謀といったささやかな波紋もあるものの、基本的にはおだやかな日常パートが大半を占める。特筆すべきは多和田葉子の特異な言語感覚によって、表意文字としての漢字に新たな生命が吹き込まれている点で、それはたとえば「梨水」「紅石」「朝鈴」といった登場人物の名前に代表される。(続)2012/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5513584

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。