光文社新書<br> 知の越境法―「質問力」を磨く

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

光文社新書
知の越境法―「質問力」を磨く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 11時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 257p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043599
  • NDC分類 304
  • Cコード C0295

出版社内容情報



池上彰[イケガミ アキラ]
著・文・その他

内容説明

世界で起こる問題を誰もが分かる言葉で解説し、総選挙後には政治家への突撃取材でお馴染みの池上彰。しかし、その八面六臂の活躍も、NHK時代の“左遷”から始まった。記者としてのキャリアを順調に積み重ねてきたが突如、「週刊こどもニュース」キャスターへの異動を命じられる。それでも腐らず、複雑なニュースを小学生にも分かるように噛み砕く語り口が好評を得て、ついに国民的番組に押し上げる。この成功体験から、分かりやすさは武器になり、専門を持たないことは分野の垣根を越える強みだと気づき心機一転、フリージャーナリストの道へ―。異動、転身とは、現状を脱し新天地に飛び込むという意味で「越境」であり、積極的な行為だ。幾多の領域を跨いで学び続ける著者が、その効用と実践法を説く越境のススメ。

目次

第1章 「越境する人間」の時代
第2章 私はこうして越境してきた
第3章 リベラルアーツは越境を誘う
第4章 異境へ、未知の人へ
第5章 「越境」の醍醐味
第6章 越境のための質問力を磨く
終章 越境=左遷論

著者等紹介

池上彰[イケガミアキラ]
フリージャーナリスト。名城大学教授。1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、’73年にNHK入局。松江放送局、呉通信部で自治体・警察・裁判所・日銀支店を担当し、地方において国家・社会の縮図を見る。’79年より東京に移り、社会部で警視庁・気象庁・文部省・宮内庁を担当。’94年より、「週刊こどもニュース」のキャスター(お父さん役)として国民的人気を得る。2005年よりフリーに。名城大学のほかに、東京工業大学、立教大学、愛知学院大学、信州大学、日本大学、順天堂大学で教鞭を執る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

岡本

127
池上さんの過去を振り返えりつつ話が進む「越境」のススメ。人生百年時代に何が役に立つか分からない、とは50代にフリーになり大きく飛躍した著者を表す言葉。何歳になっても常に謙虚に知識を身に付け続ける必要性を再認識した一冊でした。2018/06/23

おにぎり

28
知の越境とは、自分にとって異なる文化と接すること。自分が属している組織に異質な存在を送り、多様性を生み出すこと。1970年代のオイルショックを機に日本経済はより成長力を伸ばしていった。いま、コロナ禍を乗り越えるために何が必要か、どんな力が身に付けられるのか。ニュートリノの研究で物理学賞を受賞した小柴昌俊氏のコメント「これは何の役人も立ちません」。リベラルアーツやゆとり教育にしても文科省が掲げた目先の改革に終わらず、人生を送るために視野を広げ、時間をかけて深く掘り下げるべきものである。2021/05/16

hk

20
日本では1つのことに邁進することが美徳とされてきた。これはたいへんに素晴らしい遺風なのだが弊害も少なからずある。様々な分野の知見を糾合して新たな発見をなす土壌がいささか脆弱なのだ。本書では自分が最も得意としている分野からはみ出す行為を「越境」と定義した上で、越境の有用性をといている。…刑事への夜討ち朝駆けで度胸をつけ、通信部でカメラをもって駆けずり回り、NHK本社にもどれば宮内庁担当としてアドリブに磨きをかけ、小学生ニュースでは通俗化という叡智を得た… そんな土地勘の広い池上氏による「越境の薦め」である。2018/07/20

緋莢

14
図書館本。<専門を持たないことは分野の垣根を超える強み>、専門家には敵わないが、そこそこまではいける。池上さんは正にそれだと思います。第1章の1:<「知の越境者」が求められている>、池上さんが多数の番組に出演したり 本を出しているのが、その証拠でしょう。池上さんの〝越境”歴史、〝越境”の醍醐味などが書かれています。NHKの「週刊こどもニュース」が今の著者の「分かりやすく説明する」の原点になっている、というのは以前読んだ著作で分かりましたが(続く 2019/04/04

sabosashi

13
アカデミズムのたこつぼ化なんてものは、昔、丸山真男なども執拗に触れていた。  今では、口では学際とかいうものの、変化があったとは思えない。  でもやはり、問題というものを広く捉えようとすると、幅広い受け止め方なしですませることができなくなっていると思う。  柔軟な思考をやしなうこと、そう口で言い表すことはたやすい。  では、いったいどうすればいいのか。  この著者のある意味での出発点は、あらゆる問題を、子どもにもわかるように解きほぐす、というところにありそうだ。 2020/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12917859

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。