講談社文芸文庫
荊棘の冠

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 269p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062901512
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

昭和9年に書かれた小説。美しき天才ピアニストの少女とその父に焦点をあて嫉妬や矛盾する人間の機微を描ききっている。初の文庫化。

昭和9年に書かれた小説。美しき天才ピアニストの少女とその父に焦点をあて嫉妬や矛盾する人間の機微を描ききっている。初の文庫化。

内容説明

才能溢れる美しきピアニストを娘にもった小説家の苦悩と周りの大人達との葛藤を鮮やかに提示。深く深く愛しながらも、「天才」という荊棘の冠を載せている娘に反感を抱く主人公を通じ、世の中には天才より大事があると里見は主張する。昭和九年の発表当時、小林秀雄をして著者が今までに試みなかった大改革と評された名作。

著者等紹介

里見〓[サトミトン]
1888・7・14~1983・1・21。小説家。横浜市生まれ。本名=山内英夫。学習院を経て、東京帝国大学文科英文科中退。有島武郎、生馬は実兄。母の実家を継いで山内姓を名乗る。生馬やその友人志賀直哉の強い影響をうけ、また泉鏡花の作品に傾倒する。1910年「白樺」の創刊に参加。16年最初の短篇集『善心悪心』で文名を確立。19年には吉井勇、久米正雄らと「人間」を創刊。常に独自の「まごころ哲学」を貫き通し、心理の綾や会話の妙にぬきんでた才能を示した。47年日本芸術院会員となり、59年文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。