講談社現代新書<br> 知ってはいけない―隠された日本支配の構造

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

講談社現代新書
知ってはいけない―隠された日本支配の構造

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月06日 23時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 264p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062884396
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0231

出版社内容情報

なぜ日本は「拒否」できないのか? 最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」とは? 「戦後史の闇」をわかりやすく解き明かす私たちの未来を脅かす「9つの掟」の正体、
最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」とは?

なぜ日本は米国の意向を「拒否」することができないのか?

3分で日本の深層がわかる四コマまんがつき!

みなさんは、世田谷区や中野区、杉並区の上空が
米軍に支配されていることをご存じですか?

あるいは、米軍に与えられた治外法権が
日本の国土全体に及んでいることを知っていますか?

「なにをバカなことを…」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、これらは公文書によって裏付けられた疑いようのない事実なのです。

じつは、私たちが暮らす「戦後日本」という国には、
国民はもちろん、首相や官僚でさえもよくわかっていない
「ウラの掟」が存在し、社会全体の構造を歪めています。

そうした「ウラの掟」のほとんどは、
アメリカ政府そのものと日本とのあいだではなく、
米軍と日本の官僚とのあいだで直接結ばれた、
占領期以来の軍事上の密約を起源としているのです。

3つの「裏マニュアル」ともいうべき
最高裁の「部外秘資料」、検察の「実務資料」、
外務省の「日米地位協定の考え方」を参照しながら、
日米合同委員会の実態と対米従属の根幹に迫り、
日本における「真の権力構造」を徹底解明します。

累計17万部を突破した
『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』
『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』の
著者が「戦後史の闇」に光をあてた、渾身の集大成!


◆本書のおもな内容◆
第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章 日本に国境はない
第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章 政府は憲法にしばられない
第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
追記  なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか

第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章 日本に国境はない
第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章 政府は憲法にしばられない
第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
追記  なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか


矢部 宏治[ヤベ コウジ]
著・文・その他

内容説明

この国を動かす「本当のルール」とは?なぜ、日本は米国の意向を「拒否」できないのか?官邸とエリート官僚が国民に知られたくない、最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」とは?3分でわかる日本の深層!私たちの未来を危うくする「9つの掟」の正体。4コママンガでもわかりやすく解説。

目次

第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章 日本に国境はない
第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章 政府は憲法にしばられない
第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である

著者等紹介

矢部宏治[ヤベコウジ]
1960年兵庫県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。株式会社博報堂マーケティング部を経て、1987年より書籍情報社代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

183
日本の独立の実態。その現実と歴史としての背景を知る。日本は軍事面ではアメリカから独立出来ていない。米軍の支配下にある国。それが現在の日本だ。日本の独立が近い時期に冷戦による朝鮮戦争が勃発。日本は事実上、米軍の基地となる。日本の欺瞞は国民の多くが気付いているはず。憲法違反の軍隊である自衛隊の存在。冷戦も終結して久しい。このレジームから脱却すべきだ。敢えて書けば日本の真の「敵国」はアメリカなのだ。一方的に戦争に引きずり込み国土を破壊。70年以上も巧妙に支配する。韓国の弊害の比ではない。日本よ普通の国となれ。2019/01/27

やすらぎ

180
知らなきゃよかった日本の裏側。全てが真実とは思えないが、全てが嘘とも思えない。アメリカに支配されている日本の現実、なくはない密約の話。日本は何に守られているのか、この国はどうなってしまうのか。一見平和に見えるが実は違うのかも。読めば読むほど不安になる。普段手に取らない種類の本を読む疲労感。密約、争い、権力、立場、複雑な人間関係、全て苦手です。人間の争いは一向になくなりません。その方法は変化しています。ドローンでの攻撃、ゲーム感覚、ハッキング。世界は何を目指しているのか。その果ては絶望か。ネガティブ本です。2021/09/05

ナイスネイチャ

141
図書館本。アメリカと日本の密約。民主党政権になったとき、結構公開された部分があったと思ったが、この内容が本当なら日本に未来はない。2017/12/12

舟江

94
「まだ戦後が終わっていない日米関係」という本。本筋ではほぼ正解だと思うが、所々あきらかな勇み足も見られる。本書の「はじめに」の終わりに書かれていますが、各章の扉ページの裏に、4コマ漫画でまとめられているので、それを見てから判断すれば良いのではないだろうか。結構面白かった。2019/02/12

rico

74
さらっと読めたが、内容は相当怖い。日本は政治や経済の面では独立したが、密約によって軍事に関してはいまだにアメリカの指揮下にあるというのだから。言われてみれば、辺野古にオスプレイ、異様に広い横田空域など思い当たる節は山ほど。筆者はアメリカで公開されている文書等を基にファクトを提示、陰謀論や妄想説を退ける。 あの安保関連法の成立により、米軍による支配が露わになった。幸運な偶然によって生まれ歯止めとなっていた九条も、選挙結果がこうなって風前の灯。若い人には、本気で海外脱出を進めるべきかもしれないね。2017/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12137363

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。