悪とはなにか―テロ、大量殺戮、無差別殺人‐理性を超えた「人間の罪業」を解き明かす

個数:
  • ポイントキャンペーン

悪とはなにか―テロ、大量殺戮、無差別殺人‐理性を超えた「人間の罪業」を解き明かす

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月27日 01時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784828419305
  • NDC分類 158
  • Cコード C0010

内容説明

なぜ人間に“悪魔”は宿るのか。なぜ「悪」が栄えるのか?なぜ「悪の闇」が「善の光」よりも強いのか?ヒトラーの犯罪はスターリンと毛沢東のそれよりもひどいとは必ずしもいえない!?人間の残虐行為の「なぜ?」を論証する。

目次

序章(若き殺人者;悪行の責任 ほか)
第1章 悪魔と小説(『ピンチャー・マーティン』―命なき塊り;『蝿の王』と『後継者たち』 ほか)
第2章 猥褻なる快楽(『マクベス』の三人の魔女;イアーゴとオセロ ほか)
第3章 ヨブの慰安者(弁神論;ヨブの決断 ほか)

著者等紹介

イーグルトン,テリー[イーグルトン,テリー] [Eagleton,Terry]
1943年英国スコットランド生まれ。文芸評論家・哲学者。ケンブリッジ大学で博士号取得。現在はマンチェスター大学の教授として文化論を講じている。マルクス主義とフロイトの精神分析学を融合する独特の立場から、文学・美術から政治まで幅広い批評活動を展開

前田和男[マエダカズオ]
1947年東京生まれ。東京大学農学部卒。翻訳家、ノンフィクション作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件