光文社古典新訳文庫<br> レーニン

個数:
電子版価格 ¥869
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
レーニン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 22時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 533p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751258
  • NDC分類 289
  • Cコード C0198

内容説明

レーニンの死の直後、本書の主要部分はスターリンによる迫害の予感のなかで書かれた。「ソ連共産党とソ連全体が全体主義の悪夢に飲み込まれてしまう」直前だからこそ「等身大」に描きえた、まさに珠玉の回想録である。ロシア語原典からの初めての翻訳。

目次

レーニンと旧『イスクラ』(レーニンとの最初の出会い;プレハーノフ ほか)
一九一七年十月(十月前;革命 ほか)
人間レーニン(レーニンにおける民族的なもの―レーニン五〇歳の誕生日によせて;レーニンの負傷 ほか)
付録(マルクスとレーニン;レーニンについての本当と嘘―ゴーリキーのレーニン論についての一考察 ほか)

著者等紹介

トロツキー,レフ[トロツキー,レフ][Троцкий,Л.Д.]
1879‐1940。ロシアの革命家、第4インターナショナルの創設者。南ウクライナの自営農の家に生まれ、10代の頃より革命運動に従事。最初の逮捕と亡命後にレーニンらの『イスクラ』に寄稿。1905年革命で指導的役割を果たした。1917年革命の際にはレーニンと密接に協力して10月革命を指導。レーニンの政治的離脱後、官僚主義の克服と工業化を訴えるがスターリン派によって弾圧される。1929年に国外追放。1940年8月、スターリンの刺客にピッケルで頭を打ちぬかれて死亡

森田成也[モリタセイヤ]
1965年生まれ。大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

syota

37
著名な革命家トロツキーが、レーニンの思い出を語っている。3部構成+大量の付録+長文の解説からなるが、第1部と第2部が秀逸だ。ロンドン亡命時代を描いた第1部は、亡命革命家たちの日常や議論、駆け引きなどが中心で、ノンフィクションとして十分面白い。ボルシェビキが”プロレタリア独裁”を確立した10月革命前後を描いた第2部は、世界史上稀有の大変革のさなか、二人の大革命家が何を考えどう行動したか、率直に述べられていて読み応え十分。特に、後年神格化されたレーニンの苦悩や焦燥が描かれている部分は、貴重な証言だと思う。→2021/05/25

横浜中華街2024

11
1924年に出版されたトロツキーの目から見たレーニンを描いたもの。今まできちんとした翻訳がなかったものがようやく新たに翻訳。 レーニンは英仏独を操り20冊に及ぶ全集を書いたインテリであることが繰り返し述べられており、粗野なスターリンとは全く違うことがわかる。 政権を取る話で嘲笑された際にレーニンが言った 「最後に笑うものが一番大きく笑う」 という言葉は、皮肉にも後のスターリンのことを暗示している気がしてならない。2019/10/19

かふ

10
解説には後の神格化されたレーニン像の以前のトロツキーが見たありのままのレーニンと書かれていたが確かに完全無欠のレーニンではないがそれでも英雄化されて描かれている。レーニンも間違うことがあるのだ。後で問題化されてトロツキーの失脚の原因となった。革命の天才レーニンの欠点を補助して参謀役で助けたのは自分だという評伝なのだが、一番問題となったのが「(資本家に)奪われたものを奪い返すのだ」と言ったとされたレーニンの言葉。2017/12/12

叛逆のくりぃむ

10
 トロツキーによるレーニンの回顧録。トロツキー自身が述べているように、本書は膨大なメモワールの集積であり、纏まりを欠く。同時に透徹した視線でレーニンの姿を捉えることに成功している。2016/07/31

記憶喪失した男

8
ソ連の政治家トロツキーが書いた革命家レーニンの伝記。トロツキーの文章は情熱的で、なかなか感動的な伝記である。面白かった。2019/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18506
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。