講談社現代新書<br> 黒田官兵衛―作られた軍師像

個数:
電子版価格 ¥702
  • 電書あり

講談社現代新書
黒田官兵衛―作られた軍師像

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年08月26日 03時35分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 293p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062882255
  • NDC分類 289.1

内容説明

類稀なる交渉術を駆使し、中国計略から北条氏討伐の小田原合戦に至るまで豊臣秀吉の天下統一の大事業を扶けた稀代の智将。「備中高松城水攻め」「中国大返し」の真実とは?本当に天下獲りを目指したのか?信頼できる史料のみをもとに、その出自から「名軍師」「二流の人」などに至るまで後世に創作された様々な俗説を徹底検証し、巷間に流布された従来の軍師像を超えて、自らの才覚のみで道を切り開いた新しいタイプの武将として新たな黒田官兵衛像を描く。

目次

第1章 黒田氏の出自と父祖(黒田氏と編纂史料;近江佐々木源氏出自説 ほか)
第2章 若き官兵衛―本能寺の変まで(若き官兵衛;元服後の動向 ほか)
第3章 秀吉の天下統一戦争における官兵衛(本能寺の変と官兵衛;毛利氏との和睦 ほか)
第4章 朝鮮出兵から関ヶ原合戦へ(朝鮮出兵と官兵衛;朝鮮出兵の経過 ほか)
第5章 「名軍師像」誕生の背景(官兵衛の研究の影響;金子堅太郎の『黒田如水伝』 ほか)

著者紹介

渡邊大門[ワタナベダイモン]
1967年生まれ。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専攻は日本中世政治史。大阪観光大学観光学研究所客員研究員。歴史研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

2014年大河ドラマの主人公がわかる! 中国大返しの真実は? 関ヶ原のときいかに動いたか? 名軍師像の下に隠された実像に迫る

来年の大河ドラマの主人公黒田官兵衛。その有能さは、豊臣秀吉、徳川家康をも恐れさせたと言われる、戦国から江戸前期にかけての大名です。本能寺の変で、信長が斃れ悲嘆にくれる秀吉に、「天下を取る好機です」とささやき、有名な中国大返しを実現させたなど、多くのエピソードが残っています。しかし、それらは主として江戸時代に作られたものがほとんどです。官兵衛といえば、「軍師」という言葉がついてまわりますが、この「軍師」という言葉も、戦国時代にはなく、後世につくられたものだったのです。本書は、信頼できる史料をもとに、黒田官兵衛の実像に迫る一冊です。

第一章 黒田氏の出自と父祖
第二章 若き官兵衛――本能寺の変まで
第三章 秀吉の天下統一戦争における官兵衛
第四章 朝鮮出兵から関ヶ原合戦へ
第五章 「名軍師像」誕生の背景

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件