講談社現代新書<br> いまを生きるための思想キーワード

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

講談社現代新書
いまを生きるための思想キーワード

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 193p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062881340
  • NDC分類 104
  • Cコード C0210

出版社内容情報

現代を読み解く21の政治哲学・倫理学系のことばを解説する思想入門書。正義・善・決断主義・カルトなど仲正流「術語集」の決定版。思想・哲学の入門書を書かせたら、この人、仲正教授の最新作。
法・経済・哲学・生命・倫理など様々な分野に通暁し、人間とその存在に真摯に向き合ってきた教授が、正義・善・決断主義・暴力・アーキテクチャ・カルトなど政治哲学・倫理学系の21のキーワードを端緒に、「生きる」ことへの根元的問いを発する。多感な高校生にも理解できる平易な語り口で深いテーマを仲正教授ならではの独自の視点で展開する。「待ってました」の好著、「思想」入門書の決定版である。

正義 善 承認 労働 所有 共感 責任 自由意志 自己決定/自己責任 「心の問題」 ケア QOL 動物化 「歴史(=大きな物語)」の終焉 二項対立 決断主義 暴力 アーキテクチャ カルト イマジナリーな領域への権利 「人間」


仲正 昌樹[ナカマサ マサキ]
著・文・その他

内容説明

高校生もわかる「思想」入門。政治哲学・倫理学系21のことば。

目次

正義

承認
労働
所有
共感
責任
自由意志
自己決定/自己責任
「心の問題」
QOL
動物化
「歴史(=大きな物語)」の終焉
二項対立
決断主義
暴力
アーキテクチャ
カルト
イマジナリーな領域への権利
「人間」

著者等紹介

仲正昌樹[ナカマサマサキ]
1963年、広島県生まれ。東京大学総合文化研究科地域文化研究博士課程修了(学術博士)。現在、金沢大学法学類教授。文学や政治、法、歴史などの領域で、アクチュアリティの高い言論活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

harass

72
ひいきにしている学者による、最近よく見聞きする哲学政治関係を中心のキーワード21の解説。。それぞれ問題とされる部分や前提を実に簡潔に説明し、著者の考えも述べる。元々の論議の起源などの整理に役立った。「歴史(大きな物語)の終焉」や「人間」など。この著者の癖のあるところ、ネット言論についてのボヤキに近い部分がある。「二項対立」「アーキテクチャー」「正義」についてにも感心。良書。2018/02/04

yamikin

11
著者が過去に手がけた入門書を現在まで追っていくと、「わかりやすさ」に対して日に日に抵抗を持っていることを感じてとても好感を持てる。さらに震災について基本的に言及しないところも好感を持てる。要は「学問ナメんなボケ」ってとこがよい。「正義」とか「ケア」とかを語るときに、謙虚さを忘れてはいけないと思う。2012/01/19

ラウリスタ~

10
「正義」「共感」「動物化」などのキーワードを抜き出して、その言葉が現代思想と現代社会でどのように使われ(悪用、誤用され)ているか解説する。非常に分かりやすいが、それでいて単なる語彙紹介に止まらない迫力がある(そりゃ仲正だしな)。サンデルのコミュニタリアン的な正義、善(共同体の目的の延長線上)が、そもそも中立的な正義、善を追求しようとするリベラル派に対抗して、個人的でなくより社会に関わる問題に応えるようとするという文脈を無視して、「生き方と教えてくれる教師」としてサンデルを消費してしまう日本社会に向けて。2018/09/03

かんがく

9
「自己責任」、「正義」など倫理学、政治哲学系の用語について語源と哲学史における位置づけ、時事問題との関係を解説。最近読んだ他の本でも出てきた「共感」、「歴史の終わり」などは特に面白く読んだ。今後、哲学系の本を読んでいくにあたっての基礎知識を得ることが出来たため満足。2021/06/13

keint

9
政治哲学や倫理学などを始めとした思想分野のキーワードを実例を交えながら平易に解説している。 どれも現代の社会や文化を検討するための言葉であり、これを知るだけでも日常生活等で疑問に思っているなどもより捉えやすくなる。 いくつか知らないキーワードや気になる話題もあったため、もっと知りたいと思う動機づけにもなった。2021/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4322847

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。