今昔物語集

個数:
電子版価格 ¥1,242
  • 電書あり

今昔物語集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月22日 13時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062827591
  • NDC分類 K918
  • Cコード C8393

内容説明

表面上では、貴族文化がはなやかに咲きほこった平安時代。だが、ほんのわずか京の裏通りに目をやれば、そこは追いはぎ・盗賊が横行し、人々は災いをもたらす鬼や魔物たちにおびえながら暮らす、混沌の世界だった。「今は昔」で語り出される『今昔物語集』には、受領・武士・僧侶・農民といった、それまでの文学では無視されがちだった人々が主人公として登場し、おかしく、ときにはかなしい人間ドラマを展開する。全三十一巻千話以上からなる一大説話文学から、おもしろくかつ親しみやすい五十一編を厳選して収録する。

目次

いのししにだまされた坊さま
少年の機転
どろぼうの背中で月を見る
追いかけてきた地の神
鷲にとられた赤ん坊
犬頭の糸
銀のかたまり
情けは人のためならず
鬼のつぶやき
犬と少女〔ほか〕

著者紹介

杉本苑子[スギモトソノコ]
1925年、東京都に生まれる。文化学院卒業。1951年、「申楽新記」が雑誌の懸賞小説に佳作入選。それを機に吉川英治に師事し、その後の10年間作品を発表せず蓄積の時代をすごす。1962年、『孤愁の岸』で直木賞を受賞。以後、歴史・時代小説の分野で力作をつぎつぎに発表する。おもな作品に、『滝沢馬琴』(吉川英治文学賞)、『穢土荘厳』(女流文学賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)