講談社+α文庫<br> 殴られて野球はうまくなる!?

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社+α文庫
殴られて野球はうまくなる!?

  • 元永 知宏【著】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 講談社(2017/07発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(~8/31)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年08月06日 10時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062817226
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0175

出版社内容情報

いまや野球界でも「暴力は絶対悪」は正論。でも本当にそうなのか? 多くの関係者の証言から見えてきた暴力の功罪と日本野球の特殊性時代は変わった。
現在、野球の指導の現場で、暴力を正面から肯定する人はまずいない。
しかし、「暴力は反対。だが・・・」と思っている人はいまでも多い。
そしていまでも、暴力事件はあとを絶たない。
暴力はいまでも野球の身近にある。
ものすごく身近にある。

なぜ暴力はなくならないのか?
暴力なしでも、野球がうまく、チームを強くする方法はないのか?

元プロ野球選手、指導者、元高校球児など、関係者の証言から、
「野球と暴力」、日本野球界最大のタブーに迫る。


(目次)

第1章 野球界が暴力を容認する理由

「暴力のおかげで強くなった」は本当か
厳しいところで耐えると厳しい場面で力が出せる  etc.

第2章 強豪野球部の日常

能力のある新入生が真っ先に狙われる
猛練習と厳しい上下関係はセット
寮とグラウンドの細かい規則  etc.

第3章 根性をつけるための暴力的な指導

愛のある暴力は「暴力ではない」
野球の指導者に問われる人間性
限られた時間で何ができるのか   etc.

第4章 元プロ野球選手が語る「暴力」の功罪

殴られたことには感謝できない
理不尽な練習のなかにヒントがあった etc.

第5章 甲子園常連チームができるまで

朝から晩まで10時間の練習
目標は「3年に1度は甲子園に出る」
グラウンドより寮生活に気を使う

第6章 ラテンアメリカから見た日本野球

ラテンアメリカには暴力的な指導も上下関係もない
経験の少ない選手がミスをするのは当たり前
選手のために指導者がいる etc.

第7章 暴力なしで強くなる方法

意識改革はご飯の食べ方から
勝負強さは一朝一夕で身につかない
「考える野球」を経験して野球観が変わった
本当に大事な場面で力を出せる選手に etc.

はじめに 暴力事件によって夢を奪われた球児たち
第1章 野球界が暴力を容認する理由
第2章 強豪野球部の日常
第3章 根性をつけるための暴力的な指導
第4章 元プロ野球選手が語る「暴力」の功罪
第5章 甲子園常連チームができるまで
第6章 ラテンアメリカから見た日本野球
第7章 暴力なしで強くなる方法
おわりに


元永 知宏[モトナガ トモヒロ]
著・文・その他

内容説明

かつて野球と暴力はとても身近だった。プロで活躍した一流選手にも「私が成長できたのは鉄拳のおかげ」と語る人は多い。そして暴力を正面から肯定する人がほとんどいなくなった現代でも、「暴力は反対。でも…」と思っている関係者は多い。いまでも野球と暴力の関係は終わっていない。暴力なしで野球をうまく、チームを強くする方法はないのか?多くの証言から可能性を探る。

目次

第1章 野球界が暴力を容認する理由
第2章 強豪野球部の日常
第3章 根性をつけるための暴力的な指導
第4章 元プロ野球選手が語る「暴力」の功罪
第5章 甲子園常連チームができるまで
第6章 ラテンアメリカから見た日本野球
第7章 暴力なしで強くなる方法

著者等紹介

元永知宏[モトナガトモヒロ]
1968年、愛媛県生まれ。立教大学野球部4年時に、23年ぶりの東京六大学リーグ優勝を経験。大学卒業後、ぴあ、KADOKAWAなど出版社勤務を経て、フリーランスに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。